ドラマ

中学聖日記勝太郎(町田啓太)と原口(吉田羊)の今後をネタバレ!

投稿日:

中学聖日記は、新米教師・聖と中学3年生・黒岩晶の禁断の恋の物語をテーマにしていますが、サブストーリーも面白く進んでいきます。

聖の婚約者の川合勝太郎と上司の原口律の関係が、メインストーリーと同じくらい、いやそれ以上気になる方も多いのではないでしょうか?

吉田羊さん演じる原口律のキャラが際立っていますよね。

原口さんと勝太郎が今後、どう絡んでいくのか、原作からネタバレと独自で勝手なストーリー解釈も合わせて、ご紹介してきます(え?独自解釈なんていらない(^^;?)。

 

スポンサードリンク

中学聖日記勝太郎はどんなキャラ?

商社に勤めるエリートサラリーマン。

大学時代つきあい始めた聖と婚約していますが、聖に対する理解力、包容力は抜群にいい人です。

いい人すぎるので、聖は黒岩晶との恋愛でぐらぐらする自分に自己嫌悪します。

 

完璧ないい人な態度が、聖を心理的に追い詰めていくのですが、勝太郎は聖の内心のつらさには、どうしても気づけません。

というか、聖を追い詰めているのに気づくほど鋭い感性ならば、聖を捨てて、聖を解放してあげるでしょう。

そこまで「出来すぎた」人間ではないのです。

 

勝太郎自身、聖を理解しているのは自分だという信念を持っていて、聖の心が徐々に離れていくことを理解できないで、混乱します。

聖と勝太郎は、2人とも真面目で「予定調和」な安定感を好む似た物同志です。

だから馬があって付き合い始めたのですが、2人とも「予定調和」でない相手に振り回さることになります。

聖にとっての黒岩晶、そして勝太郎にとっては原口です。

 

原口の行動は、勝太郎には予測不能、理解の範疇を超えた存在で、でもなぜか嫌いではない相手なのです。

勝太郎自身、なぜ原口を信頼できるのか説明できないでしょう。

それは、聖が黒岩晶を嫌いになれないのと、きっと似た状態なのです。

聖と勝太郎はほんとに似た物同志です、2人は気づいていないようですが(^^;。

 

 

中学聖日記原口はどんなキャラ?

勝太郎の会社の上司で、何を考えているのかよくわからない女性です。

上司として勝太郎は尊敬もしているし、信頼も寄せています。

 

原口は原作よりドラマの方が、若干気持ちの強い女性になっているように感じます。

気が強くてがさつなようでありながら、一方で実は繊細な機微も理解しています。

 

勝太郎が聖と婚約して両家顔合わせをセッティングしながら、勝太郎本人が仕事のトラブルを優先させようとした時、

「とっとと帰れ。両家の親の間に婚約者を独りぼっちにさせておくなんてバカかよ?」

と聖の心中を思いやって、勝太郎を家へ帰すのです。

 

心細い状態にいる聖の心情を予想できるし、また、トラブル発生した仕事で本音は返したくないのに、部下の今後を思いやってフォローできてしまう、出来た上司です。

更に上司面することもありません。

 

私生活は謎に包まれています。

社長の愛人とか、バイセクシャルだという噂を否定することもしない不思議な存在です。

 

強靭な精神力の持ち主かといえば、そうでもなく、酔うと突然倒れてしまう体質の自分を、勝太郎に見せることには、なぜか抵抗はないようです。

勝太郎にとって、理解の範疇外の存在なのですが、全く嫌いになれないどころか、信頼できる相手です。

 

 

スポンサードリンク

二人の今後をネタバレ!

連載中の原作から今後の2人の関係をネタバレしていきましょう。

 

黒岩晶に好きだと告白された聖は、婚約者がいるのに、教師なのに、気持ちがふらつく自分を、自分で許せません。

晶とも勝太郎とも距離をとって別れる決意を聖はして、引っ越しました。

勝太郎は聖から婚約解消をお願いされますが、どうしても受け入れられないでいました。

 

晶と完全に関係を断ったのに、なぜ、自分とも別れるというのだろうか?

聖を愛しているし、晶のことも終わったのならいいのではないか?勝太郎は、自分とも別れるという聖の気持ちを消化できずに悶々と2年悩み続けます。

 

悩む勝太郎を元気づけてくれるのはいつも原口でした。

「私に乗り換えなさいよ」

と軽口をたたくと勝太郎は笑って断りました。

原口の横で酒を飲むのが、勝太郎には心地の良い場所になっていたのです。

 

しかしある日原口は、いつもと違う口調で

「2年たったら、普通、次いくんじゃない?」

と言われて、勝太郎は原口を改めて意識しました。

勝太郎はほんっとに鈍感な男です。ダメダメじゃん…。

 

その後、原口が社長と夜の街を歩いているのを見た勝太郎は衝動的に原口を奪取しようとして、ずっこけます(ギャグな話でないのに…)。

あまりに間抜けな姿に自己嫌悪で勝太郎は逃げ出そうしますが、予想外に原口が追ってきました。

 

二人はそのままの勢いで原口の部屋に入りました。

つ、ついに勝太郎と原口が!

というところで原口は衝撃的な告白をしました。

 

原口は処女でした…えっ(@@;。

ええぇえ~、まじですか!?

と読者も驚く展開で、勝太郎も点目状態。

原口は酔いがまわってダウンして、事には至らずじまいでした。

というのが原作の流れです。

ドラマでは原口と勝太郎の行方も気になります。

 

 

まとめ

ドラマ「中学聖日記」は、教師と中学生の禁断の恋とうたっていますが、実は恋愛を全然わかっていないまま婚約した末永聖と、川合勝太郎が、本当の恋を見つけて大人になっていく物語なのではないでしょうか。

ずばり!「中学生レベルの恋愛」しか知らなったのは聖と勝太郎で、2人が本当の恋愛を知っていくのがこの作品の本質だと私は独自解釈して今後のストーリーを見届けようと思います!(←ここまで言い切っていいのかよ~と自問しつつ、やっぱり言い切るw)

 

 

スポンサードリンク

-ドラマ

Copyright© まるころいんふぉ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.