ドラマ

初めて恋をした日に読む話原作の最新話をネタバレ!東大受験はどうなる?

投稿日:

スポンサードリンク

アラサーの拗らせ女子・春見順子に突如、モテ期到来。

モテ期と同時に東大に教え子を入学させる目標が出来て、モテ期をスルーする順子と、絶望的鈍感な順子を好きになった可哀そうな3人の男性を中心にした恋愛コメディドラマ「初めて恋をした日に読む話」。

原作は、持田あき著による連載中の漫画「初めて恋をした日に読む話」です。

原作は深見順子に惚れているピンク髪の高校生・由利匡平がいよいよ受験本番に突入しました。

東大受験のストーリーは山場を迎えています!

ドラマでは受験勉強がスタートしたばかりですが、原作は受験の山場を迎え、恋愛の行方より匡平の東大受験の方が気になります。

原作漫画最新話をネタバレします!

 

 

スポンサードリンク

初めて恋をした日に読む話のあらすじ


塾で講師をやっている春見順子は、何をやってもうまくいかないと思い込んでいるこじらせ女子でした。

そもそも、つまずいたのは東大受験の失敗。

東大に入学できなかったことを三十過ぎていまだに引きずっているのです。

 

青春の全てを受験勉強に費やしてきた順子にとって、青春を楽しむちょっとヤンキーな高校生はキラキラまぶしく見えました。

髪をピンクにそめて仲間とつるんで楽しんでいる高校生を見ては、私もあんな青春送れば良かったと遠い目になるのでした。

そのピンク髪の高校生・由利匡平がなんと順子が働く塾に

「出来の悪い息子をどこか大学に入れてくれ」

と父親に連れられてやってきたのです。

 

匡平の父親に言い方に怒った順子は

「恋をしなさい!こんなことを言う大人の言いなりになる必要などない!」

と由利匡平に言いました。

 

青春を楽しめ!という塾の講師・順子。

匡平の父は当然怒ってしまいますが匡平は、そんな順子の言葉に覚醒します。

「東大に入れて欲しい」

匡平は順子と東大を目指す受験勉強に突入したのでした。

この時点で受験本番まで1年半。

 

結婚もできないでアラサーになってしまったと嘆く順子ですが、実は東大卒のエリート商社マン・八雲雅史は順子のいとこですがずっと順子に恋をしています。

順子に「いとこ」だから恋愛対象に見てもらえてない可哀そうな境遇なのです(^^;。(順子は恋愛に関しては頭が固くて絶望的に鈍感なのです)。

 

更に、由利匡平の高校の担任が、順子が高校の時の同級生・山下一真だったことが判明します。

一真は高校の時、順子に恋をしていて、再会したのをきっかけに再び、順子に恋愛感情を持ちました。

 

そして、東大受験を目指す由利匡平は、受験も順子も両方ゲットしたいのです。

イケメン3人による順子争奪戦が、始まるのですが、当の順子が全然気が付かないまま話が進んでいきます。

順子は気が付かないのでなくて、気が付きたくないのです。

恋愛に対してうぶで、臆病な心は高校の時から全く成長していないから。

 

順子にとって、匡平の東大受験が生きる目標になっていました。

そして次第に順子は匡平に恋心を持つようになっていました。

しかし、順子は自分の気持ちを気が付こうとしません。

匡平に一生懸命なのは「かわいい教え子」だからだと頑なに信じ込もうとしていたのです。

匡平は順子に出会ってから、どんどん順子が好きになって、十代のまっすぐな気持ちを順子にバンバンぶつけてきます。

順子は

「受験生は勉強に集中せよ」

とかわしていましたが、センター試験の直前になってようやく自分の気持ちに気が付きました。

 

 

原作の最新話をネタバレ

以下最新話のネタバレ含みます。

 

 

順子は自分が匡平を好きだとようやくようやく自覚しますが、己の気持ちに混乱する順子。

教え子に恋するのは犯罪だ!と取り乱すほどの混乱ぶりです。

匡平の受験の邪魔にはなりたくないと、表面を取り繕いますが、ハリボテなので本心がボロボロ見えています。

 

その点、匡平の方が大人です。

順子への気持ちと受験をしっかり並行させています。

 

そして、ついにセンター試験。

結果匡平の東大理ⅢはC判定―合格の可能性あり!

本番の二次試験に向けて集中合宿が行われます。

八雲雅史や山下一真も、順子をあきらめていない中、匡平への気持ちにようやく気付いた順子ですが、なぜか雅史や一真をきっぱり拒絶しないのです。

拒絶できないような迫り方してくる、と言った方が正しいのですが。

匡平は順子が自分を好きな気持ちがあることを確信して、自信をつけて受験勉強をさらに加速させています。

二次試験まであとわずかです!

 

スポンサードリンク

東大受験はどうなるか予想!

ここまで頑張った由利匡平と順子です。

由利匡平は「東大合格」して、順子とハッピーエンドです!

この結末しか、考えられないと思う方が多いはずです。

 

しかし、あえて「不合格」になったとしたら?の「もしも」を考えてみたいと思います。

匡平は順子の「東大受験失敗」の過去を断ちきることも含めて「東大」を目指しています。

そして、2人は東大理Ⅲ合格圏内に入りました。

 

匡平にとっても順子にとっても今は「東大受験」がゴールになっているかのような展開です。

でも、作者の持田さんは「受験がゴール」でないことを知っています。

 

「東大不合格」だったとして、順子は再び拗らせ女子に戻るのでしょうか?

匡平は「東大不合格」だったかつての順子と同じ拗らせたアラサーに邁進するのでしょうか?

 

違うと思うのです。

 

もし匡平が「東大不合格」でも2人は前進していく力を受験生活の中で得ていると思います。

「不合格」の先にある世界は、高校時代の順子の見た風景とまた違って見えるはずです。

もし結果が東大受験失敗でも、匡平と順子は悔し涙にくれた後、次の一歩踏み出すと信じています。

だから、今は二次試験に向けて突っ走れ!

 

 

まとめ

ドラマ「初めて恋をした日に読む話」の原作漫画の最新のストーリーについてネタバレをご紹介しました。

受験結果は一つのゴールですが、同時にスタートです。

由利匡平が東大に合格して大学生活を開始すれば、新しい世界が待っています。

受験に失敗しても、過去の順子のような拗らせ方をする性格には思えません。

順子にとっても匡平の受験が一区切りついたとしても、自分の人生は続きます。

受験が終わった後の匡平と順子がどういう関係になっていくのか、まったく未知数です。

ともに同じ目標に向かって走った後、2人の関係が続くのか、別の道を歩みだすのか、それはきっと「初めて恋をした日の後に読む話」として、作者が続編を書くのか、はたまた読者がそれぞれのストーリーを作者から託されるのか?受験後のストーリーが気になり始めますよね。

 

スポンサードリンク

-ドラマ

Copyright© まるころいんふぉ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.