ドラマ

偽装不倫伴野丈役は宮沢氷魚!ドラマ出演作や演技の評判は?

投稿日:

スポンサードリンク

2019年7月放送開始のドラマ「偽装不倫」の原作は東村アキコさんが描くWEB漫画です。

原作漫画は日本と韓国で同時連載されていて、日本人女性と韓国人男性の嘘から始まる恋愛ストーリーが展開しています。

ドラマ実写化が発表された時、主人公の濱鐘子を演じるのがさんであることも同時に判明しました。

しかし、原作の韓国人男性・ジョバンヒ役の発表がなかったので、鐘子の相手役は誰か?でネット上では様々な推測が飛び交いました。

その後、原作の韓国人男性という設定が変更され、日本人の伴野丈役として宮沢氷魚さんがドラマの相手役として発表されました。

韓国でのドラマ化の話も進んでいるとのことで、日本と韓国で実写ドラマ化を差別化する狙いもあったようです。

原作の韓国人・ジョバンヒを日本人・伴野丈と設定変更し、嘘から始まる「偽装不倫」はどこへ着地するのでしょうか?

原作ファンのなかには、原作に準拠して韓国の俳優に演じて欲しかったとの声もあるなかで、ドラマで杏さん演じる濱鐘子の相手役の伴野丈を演じる宮沢氷魚さんについてご紹介していきたいと思います。

 

スポンサードリンク

宮沢氷魚のプロフィール


基本情報からご紹介していきましょう。

・生年月日:1994年4月24日

・出身地:アメリカ合衆国

・身長:184 cm

・職業:モデル・俳優

・活動期間:2015年~

・所属事務所:レプロ

父がTHE BOOMのボーカル・宮沢和史です。

2015年「MEN'S NON-NO」の専属モデルとして芸能界入りしました。

将来的には俳優として活動していくことを目標に徐々にドラマ出演などでの露出を増やしてきています。

両親が芸能界で活躍していることについて、隠すこともなくかといって、親の七光りで売り込むというスタンスでもない、非常にナチュラルな印象がありますよね。

 

ドラマ出演作は?

出演したドラマを2本ご紹介します

ドラマ「コウノドリ」第2シリーズ:赤西吾郎役

ペルソナ総合医療センターで初期研修している研修医。

親が産婦人科医だが、同じ産婦人科医になるかどうか、悩みながら救命科で研修しています。

葛藤の中、産科医になることを決意します。

同じような境遇で亡くなった父の病院を継ぐ決意をした四宮先生の元で地域医療研修を始めました。

 

ドラマ「僕の初恋をキミに捧ぐ」(2019年):鈴谷昴役

心臓病を患い、20才まで生きられないことを知った垣野内逞は、主治医の娘の種田繭との恋愛を終わらせるために、超難関高校に進学しました。

繭は逞の意図を知り、猛勉強して同じ高校に合格しました。

高校に入学した種田繭に魅かれていく難関高校の生徒会長・鈴谷昴。

高校内の人間関係だけに収まらない事態が起こってしまいます。

臓器提供のカードを持っていた昴が脳死状態になってしまったのです。

ドナー提供者が匿名という前提ですが、昴が脳死状態になった直後、逞に心臓移植の連絡がくれば、その心臓が昴であることはわからないはずがありません。

逞は昴からの心臓移植を拒否し、かつ新しい実験的要素が強い手術方式への挑戦を受け入れました。

脳死といえども、逞は昴にとどめをさす選択が出来ず、しかし、未来への希望をつなぐ手術に希望を託したのです。

逞は、生きるための手術の準備を始めます。

それは手術が失敗した後の愛しい繭を想うための準備ばかりでした。

昴の可能性を残し、成功率の低い手術に挑んだ逞の手術結果は判然としない状態でドラマは終了しました。

繭を巡る逞と昴の対立は昴の脳死という衝撃的な展開で視聴者の気持ちをえぐりとった作品でした…。

 

スポンサードリンク

演技の評判は?

モデルから芸能界入りの切符をつかんだ宮沢氷魚。

モデルから俳優業に軸を移すことが宮沢氷魚さんの目標でもあります。

経験が浅い分、演技力に対する評価が気になるところです。

ツイッターからご紹介しましょう

 

氷魚くんの透明感と、新鮮な演技と、

パパ宮沢和史さんを彷彿する

ふとした表情や佇まいと。

感動ポイント、たくさん。

 

僕の初恋を君に捧ぐをみて

宮沢氷魚くんにハマった

 

氷魚くんてほんとに存在が映えてるよな祝24

 

偽装不倫の実写化嬉しけど相手役が韓国人じゃなくて日本人設定なのか。言葉の通じないやり取りが良さの1つだったけどドラマでそれを再現するの難しいのかな〜〜でもキャストが宮沢氷魚なのはよっしゃーだな〜〜

俳優というには経験が浅いのは事実ですが、青春ストーリーのメインキャストとしてジワジワと存在感をだしてきている印象です。

そしてドラマ「偽装不倫」でついにヒロインの相手役(準主役)をゲットしました。

俳優としての評価を左右するターニングポイント的な作品になることは間違いありません。

 

 

まとめ

2019年7月放送開始のドラマ「偽装不倫」は、東村アキコさんの国境をまたぐ恋愛という設定を日本人同士の嘘つき男女の恋愛に設定を変えて放送されます。

原作の日本女性と韓国男性の嘘から始まる恋愛という設定を、日本人同士の恋愛に変えてドラマ放送される「偽装不倫」。

韓国人のジョバンヒを日本人の伴野丈役に設定を変更し、宮沢氷魚さんが演じます。

人気の高い原作の大きな設定変更部分である伴野丈役を演じる宮沢氷魚さんにも大きな転換点になりうる作品かもしれません。

原作の韓国男性・ジョバンヒと常に対比されることになりますが、視聴者に設定変更したドラマ化を受け入れてもらえるかは、宮沢氷魚さん演じる伴野丈の説得力にかかっているといっても過言ではないでしょう。

宮沢氷魚さんの演技に注目があつまりそうで、楽しみにしたいポイントです。

 

スポンサードリンク

関連記事



-ドラマ

Copyright© まるころいんふぉ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.