ドラマ

義母と娘のブルース1話ネタバレ感想は父親の竹野内豊がひどい?

投稿日:

7月10日22時から始まった『義母と娘のブルース』

主演には視聴率女優の綾瀬はるかさん。

そして久しぶりの連ドラ出演の竹野内豊さんに、人気が衰えない佐藤健さんなど、豪華キャスト揃い踏みの注目ドラマです!

綾瀬はるかさんが真面目すぎるバリバリのキャリアウーマンで、かなりキャラが濃いですw

そんな1話が放送され、竹野内豊さん演じる良一の娘・みゆきに対する仕打ちがひどいと話題になっていました。

 

スポンサードリンク

義母と娘のブルース父親の竹野内豊がひどい?

義母と娘のブルースは冒頭から、良一(竹野内豊)と亜希子(綾瀬はるか)が結婚するとみゆきにカミングアウトすることから始まります。

みゆきは良一から何も聞かず、急に亜希子と会わせられ「この人と結婚する!」と言われ困惑していました。

そして、おもむろに難しいセリフを長々と言いながら、名刺を渡してきた亜希子をみゆきは「この人やだ!」と拒否します。

それはそうですよねw

急にあんな女の人に出てこられて、今日からお母さんだよ、なんて言われてもw

 

なんとかみゆきに亜希子を認めてもらいたい良一は、みゆきの学童へのお迎えをすっぽかし、「やっぱり早く迎えに来てくれるママが欲しい!」と言わせる計画を立てました。

いや~なかなかにひどいですよね(^^;)

 

みゆきはそんな父親の考えもお見通しで、自分で近所の下山さんに電話をし、迎えに来てもらいます。

そして学童の先生に怒られる竹野内豊さんw

 

また次には、みゆきをアスレチックに誘い、そこに亜希子も現れるという計画です。

一緒に高い橋を渡るアスレチックで、吊り橋効果で頼ってもらい仲良くなるという計画・・・

 

良一にチケットを渡され、あの女も来るのでは?と疑う頭のいいみゆきですが、良一はごまかします。

 

そんなうまくいくかい、と視聴者の皆さんが心配していた通り、みゆきは亜希子を見つけて拒否!

でも順番が来てしまったので仕方なく亜希子と共に橋を渡ることに。

何とか一人で渡ろうとするみゆきでしたが、足を滑らせてしまい、それを助けようとした亜希子も同様に落ちてしまいます。(命綱がついていたのでぶら下がった状態でしたが)

そしてみゆきはおもらししてしまうことに・・・

 

もう~かわいそすぎる・・・

あの年でおもらししてしまうことがどんだけ恥ずかしいか(ノωノ)

気の強いみゆきもさすがに泣いてしまいます。

 

みゆきがかわいそう

良一と亜希子の結婚には目的があるのですが、そんなことみゆきには知ったこっちゃありません。

唯一の家族であるお父さんにこんな仕打ちを受けてかわいそう・・・という声がTwitterで多くありました。

 

義母と娘のブルース原作知らないけど不愉快すぎる娘がかわいそう...。

 

義母と娘のブルース、面白いんだけど、リアルだったらまず嫌だなwこんなに娘のこと考えてない父親も嫌だなw

 

義母と娘のブルース、義母と娘がどう仲良くなるんだろと気になって見てるんだけど父親がなぁ・・・ 急に再婚とか言われたって困るわな

 

義母と娘のブルース、出だしから父が駄目な予感がすごい

 

義母と娘のブルース面白そうだと思ったのに子供無視した大人の都合ばっかりな話で期待はずれだった

 

義母と娘のブルース 大人のエゴ… 娘可愛そう

 

義母と娘のブルースてドラマたまたまついてたから見てたら父親ゴミすぎてほんとにイライラしてる( ˶ˆ꒳ˆ˵ )

 

義母と娘のブルースひたすらに娘がかわいそうなんだけど

 

義母と娘のブルース見てるけど、子供がここまで拒絶してるのに父親も綾瀬も強引すぎる。本当に父親?見てて不愉快

いきなりこんなキャラの濃いお母さん連れてこられて、父親とグルになってこんなことされたら、ねぇ(^^;)

で、父親まで敵ってゆうw

私も見てて少し辛くなりました(ノωノ)

 

あれはやりすぎ感ありましたけど、二人にはそこまでして結婚したい理由があるんですよね。

 

スポンサードリンク

義母と娘のブルース1話のあらすじ

数年前に母親を亡くし、父親の 良一 (竹野内豊) と父一人子一人で生きてきた 宮本みゆき (横溝菜帆)。
そんな彼女の前にある一人のキャリアウーマンが現れる。彼女の名前は 岩木亜希子 (綾瀬はるか) 。業界トップシェアの金属会社・光友金属の営業部長を務める彼女は、みゆきの新しい義母になる女性であった。

そんな亜希子とみゆきの初対面の日。亜希子はみゆきに名刺を差し出し、「私、このような者にございます」 と挨拶するが、みゆきは 「私、この人嫌い」 と一蹴。「初手の5分で心をつかめなければ、そのプレゼンは失敗です」 謎の封筒を置いて帰ってしまう亜希子。亜希子が来ることを聞かされていなかったみゆきは良一をギロリ。慌てふためく良一はみゆきを必死に説得するが逆に言い負かされてしまう。亜希子の義母としての初陣は、あえなく惨敗に終わるのだった。

 

しかし、“戦国部長” の異名を持つ亜希子は、このままでは終わらない。百戦錬磨のビジネス経験を活かし、みゆきの心をつかもうとありとあらゆる策を練る。児童心理学の書籍を読み漁り、みゆきを知る人間に片っ端からリサーチをかける。会社の後輩・田口朝正 (浅利陽介) をも巻き込み、とっておきの作戦を立てる。

散々失敗してしまった良一と亜希子でしたが、みゆきが学校でいじめられていることに気づいた亜希子が機転を利かせ、みゆきにいじめっこと戦うように指示します。

そしてみゆきは見事いじめっ子を撃退。

このことから、みゆきは徐々に亜希子を認め始めます。

 

そして、良一と一緒に亜希子へ『母親応募の合格通知』を書いて送ります。

亜希子は感謝の気持ちを伝えに学童へ行き、みんなの前でまさかの腹踊りを披露し、またもみゆきに距離を置かれてしまいますw

 

まさか1話でここまでいくとは思いませんでしたが、二人の関係はこれから深まっていくのか・・・?

 

まとめ

このまま結婚し、二人の関係は変化していくのか。

子役ちゃんの演技も光りますね!かわいいです!

今後の展開も楽しみにしたいと思います!

 

 

スポンサードリンク

-ドラマ

Copyright© まるころいんふぉ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.