ドラマ

べしゃり暮らしの漫才はおもしろい?劇団ひとりの演出に注目!

投稿日:

スポンサードリンク

人を笑わせることでお金を稼ぐ人を「お笑い芸人」と言いますが、笑いで生きていくとはどういうことなのでしょうか?

人を笑わせることが生きがいの高校生・上妻圭右が芸人になり笑いに向き合いながら、悩み成長していく、お笑い青春ストーリーが展開される「べしゃり暮らし」。

原作は青春漫画が大きな支持を集めている森田まさのりさんの漫画「べしゃり暮らし」。

主人公の上妻圭右は、天性のボケの才能を持ち、アドリブ漫才を武器にするという設定の人物です。

 

お笑い芸人を目指す漫画「べしゃり暮らし」がついに実写ドラマ化され、2019年7月放送開始します。

 

俳優さんが、お笑い芸人を演じるというハードルをクリアできるのかが、ドラマの成功を左右するといっても過言ではありません。

 

最近、「お笑い」や「芸人」をテーマにしたドラマが高い評価を得ています。

落語家を主人公にした「昭和元禄落語心中」や、お笑い芸人を描いた又吉直樹原作のドラマと映画の「火花」は高い評価を得た作品の具体例です。

俳優と脚本家と演出家などの制作陣が、お笑いを表現するというハードルを越えて、劇中漫才という作品を完成させたときのハーモニーは視聴者の心を強く揺さぶります。

 

ドラマ「べしゃり暮らし」では、演出を劇団ひとりさんが担当します。

上妻圭右(演:間宮祥太朗)と、高校生にして元芸人という辻本潤(演:渡辺大知)がコンビを組んで漫才を披露するシーンに俄然注目が集まります!

 

スポンサードリンク

べしゃり暮らしの漫才はおもしろい?

演出を劇団ひとりさんが担当し、上妻圭右と辻本潤の漫才シーンを仕上げていきますが、漫才シーンを一つの作品として成立しうるレベルに持ってきてくれると思います。

撮影始まったばかりですが、漫才で番宣しています。

ドラマでの漫才シーンに期待が持てる、番宣をどうぞご覧ください

 

演者の間宮祥太郎さんと渡辺大知さんの掛け合いが、初々しいですよね。

ここからドラマ放映まで更に質が上がっていく伸び代を感じないでしょうか?

劇団ひとりさんのアドバイスを飲み込みきれていない感じがありながら、一方で劇団ひとりさんを早速いじる間宮さんと渡辺さんの漫才風な掛け合いが、物語前半の高校時代の面白い素人感と重なります。

ドラマは、高校で漫才コンビを組んで、プロの漫才師として舞台で観客を大爆笑させるまでの涙あり笑いありの青春ストーリーです。

素人が素人を笑わせることから歩み始め、プロの芸人がお金を払ったお客を笑わせる力を持つようになる劇中漫才が、視聴者に納得させるものになっていくことを考えると、ワクワクしてきますよね。

 

「昭和元禄落語心中」で落語家を演じきった岡田将生さんといい、「火花」でお笑い芸人を演じた林遣都さん(ドラマ版)や菅田将暉さん(映画版)の漫才シーンといい、視聴者は俳優さんのポテンシャルの高さに圧倒されてきました。

 

ドラマ「べしゃり暮らし」は、お笑い芸人コンビを組む2人がともに、俳優さんです。

「火花」は主人公の相方をお笑い芸人が務め、劇中漫才を魅せるための助けを果たしましたが、今回はコンビ2人がともに俳優さんで挑戦します。

 

素人感の抜けない感じから脱却してプロ芸人として舞台でしゃべるまでを、プロのお笑い芸人の助けのない状態で間宮祥太郎さんと渡辺大知さんがチャレンジします。

間宮祥太郎さんと渡辺大知さんのしゃべりが成長していく様子を、視聴者はともに追っていくことになるのでしょう。

演出の劇団ひとりさんの狙いも、素人感からプロへの成長過程の描写にあるのでは?と思います。

 

原作漫画の評判は?

原作漫画「べしゃり暮らし」は、人気の青春漫画です。

評判をツイッターからご紹介しましょう。

 

べしゃり暮らし、積ん読してた18巻19巻を一気に読了。ふあーめっちゃ良い終わり方!最後は泣いて笑って一気に感情デトックスできた気がする。

 

マンガ、最近読んだのがべしゃり暮らし?だっけ?ろくでなしブルースの人の。面白いやん。

 

べしゃり暮らし初読。以前から、読みてーなとは思っていたが予想以上にオモロかった。

 

火花を読んで面白かったのなら絶対べしゃり暮らしも読んだ方がいい

 

昭和元禄落語心中、与太郎の寄席のシーンで受けて手応えを感じてると思しきとこで汗が殊更に強調されてたのは、べしゃり暮らしの方法論と似たとこあるんかなとふと思った。

「べしゃり暮らし」の漫画原作者の森田まさのりさんは、長田悠幸さんとのコンビ「漫画家」を結成し、2018年M-1グランプリに出場し準々決勝進出を果たしました。

お笑い芸人のお話を描く中で、自らもお笑い芸人として舞台を経験して、ドラマ放送と同じ7月から原作漫画の最終章の続きを短期集中連載する予定とのこと、原作の行方も気になりますよね!

 

スポンサードリンク

ドラマ演出は劇団ひとり!

最近、演出を複数人で担当するドラマも多い中、負担が大きいはずですが、劇団ひとりさんが全話演出を担当します。

ヒットしたドラマで記憶にあるのは「今日から俺は!」や「銀魂」で有名な福田雄一監督です。

脚本、演出を自ら手掛け、福田イズムともいうべき統一された世界観で視聴者に安定した笑いを提供しています。

劇団ひとりさんも、全話の演出を担当することで、「べしゃり暮らし」の世界観のベクトルをぶれないように計算されているのかなと思います。

 

まとめ

お笑い芸人を目指す高校生コンビの成長物語を描く人気漫画「べしゃり暮らし」が2019年7月、実写ドラマ化されます。

高校で悩み傷つきながら、お笑い芸人を目指す主人公・上妻圭右とコンビを組む辻本潤に、間宮祥太郎さんと渡辺大知さんがキャスティング。

お笑い芸人としてはど素人の俳優のお二人を、劇団ひとりさんがドラマの中でお笑い芸人へ導いていきます。

演出家としての劇団ひとりさんの力量も試される作品になることは間違いないでしょう。

キャスティングされた間宮祥太郎さんと渡辺大知さんを中心に、演出の劇団ひとりさんを始め制作スタッフが「お笑い」を作り上げていく過程も楽しみですし、その集大成ともいえる劇中漫才の完成度が楽しみな作品になりそうですよね^^♪。

 

 

スポンサードリンク

-ドラマ

Copyright© まるころいんふぉ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.