ドラマ

高嶺の花1話で芳根京子のワンピースブランドは?通販情報も!

投稿日:

石原さとみさんが主演で、峯田和伸さんとの超・格差婚を描いたドラマ『高嶺の花』

石原さとみさんの妹として、芳根京子さんも出演しています。

かなりの美人姉妹!!

そんな芳根京子さんが着ていたワンピースが可愛かったので、どこのブランドなのか調べてみました!

 

スポンサードリンク

高嶺の花1話芳根京子のワンピースのブランドは?

 

1話で来ていたこちらのワンピースです。

Apuweiser-riche (アプワイザーリッシェ)
パールベルト付スカラフレアワンピース
 

マガシークで商品をチェック!

ファッションウォーカーで商品をチェック! 

 

ウエスと部分のパールがアクセントで可愛いですよね!

清純派の芳根京子さんにとても似合っていました(*^^*)

 

 

 

高嶺の花1話のあらすじは?

もも(石原さとみ)は、華道の名門「月島流」本家に生まれた令嬢。美しく、華道家としての才能も豊かなももには、何一つ足りないものなどなかった。ところが、婚約者の吉池(三浦貴大)に裏切られて式当日に結婚が破談、ももは深く傷つき、自信も才能も揺らいだまま立ち直れないでいた。

ある日、ももは転んで乗っていた自転車を大破、迷い込んだ小さな商店街の自転車店で、店主の直人(峯田和伸)に修理を頼む。直人は、高飛車で奔放なももの態度にいら立ちもせず、にこやかに自転車を預かった。

そんな中、直人は、長く介護してきた母・節子(十朱幸代)を亡くす。心配した商店街の人々は、直人に見合いを勧めた。直人は生まれてこのかた、恋人ができたことがないのだ。ももが再び直人の店を訪れたとき、ちょうど直人は見合いをしていた。そこでももは、直人が“ぷーさん”と呼ばれ、不思議な魅力で商店街の皆から愛されていること知る。

直人と出会い、自分が生きてきた世界とはまったく違う下町の人々に触れて、最初は戸惑いを覚えるももだったが……。

冒頭から三浦貴大さんがクズ男として登場しましたw

芳根京子さん演じる月島もも(石原さとみ)の妹”月島なな”は、言いたいことを言うはっきりとした姉・ももの性格とはちがい、自分に自信がなく、おとなしい印象でした。

もしかして、ななは千葉くんと結ばれるんじゃないかなーと思っていますが、どうなんでしょうね?

ななの恋の行方も気になるところですね!

 

そして、石原さとみさんの衣装ももちろん可愛いですが、芳根京子さんも清純派な服装で可愛らしいので、次回の衣装も楽しみにしたいと思います!

 

スポンサードリンク

-ドラマ

Copyright© まるころいんふぉ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.