妊娠

派遣でも産休育休は取れる 産休に入るまでの過程

更新日:

私は妊娠したころ、フルタイムで働いていました。

派遣社員として働いていたのですが、妊娠が分かってすぐにつわりが始まったので、派遣会社には6週頃には妊娠したことを伝えました。


「おめでとうございます!」と祝福していただきましたが、私はつわりが酷かったので派遣会社には事前に「これからしんどい時はお休みいただくことになると思います。申し訳ありません」と伝えていました。

その旨を派遣会社から、派遣先の直属の上司にのみ伝えていただきました。

 

スポンサードリンク

つわりで休みがちになる

最初の頃は心配してもらいながらなんとか勤務できていたんですが、妊娠10週頃からでしょうか。

嘔吐がどんどん酷くなり、仕事に行けない日がどんどん増えてきました。

もちろん毎日派遣先と派遣元両方に連絡しなくてはいけません。

派遣先の上司には「体優先して、無理しないように。」と優しい言葉をかけていただきました。

50代の男性でしたが、とても理解があって有難かったです。

逆に派遣元の担当者は30代の女性だったんですが、3,4日連続で休んだ時に「つわりってそんなにしんどいもんなんですか?どうしても行けないですか?」と言われました。

私だって行けるもんなら行きたいわいっ(´;ω;`)と思いながら「本当にすみません。休ませてください…」と、なんとか1週間は休ませてもらいました。

 

休職する

結局その後、つわりはひどくなるばかりであまりに食事や飲み物を摂取できてなかったので、病院に行くと「妊娠悪阻」と診断され、これ以上無理するのは危険だと「母子連絡カード」を書いてもらい、1カ月休職することになりました。

このカードを出してもらうのに3000円ほど出費はありましたが、私はもう限界だったのでとても有難かったです。

病気やケガの時にもらう診断書と同じ効力があり、きちんと申請すれば傷病手当金がもらえます。

私は日額4000円ほど支給されていました。

詳しい計算方法はこちらのサイトで→https://www.syoubyou.net/標準報酬月額表%ef%bc%88平成29年4月%ef%bd%9e協会けんぽ・東京/

これがあるとないではかなり違うので、必ず申請すべきです。

派遣社員なら必ず派遣会社の担当者がいるので、私はその方に申請をお願いしました。

最初は「そんなにしんどいの?」とあまり理解のなかった担当者でしたが、この頃はとても親身になってくれていました。

 

スポンサードリンク

しかし復帰後も休みがちに・・・

復帰すると、迷惑をかけた同じ部署の方々に手土産的なものを渡しました。

正直、こういうところをきちんとしておくだけで周りの対応もかなり変わると思います。

あざといかもしれませんが、こういうとこ大事です、ほんとに。

私が復帰した頃はそろそろ安定期ぐらいかなぁって時でした。

でも私の場合は安定期に入ったら「はい!終わり!」なんて生易しいものではなくて、少しづつ食べられるものはありましたが、ほとんど変わらない状態が続いてたんです。

なんとかかんとか出社しては、早退して、遅刻も何度もして、もちろん当日欠勤も何度も。。

さすがに迷惑かけすぎだし、私の精神的にも持ちそうにありませんでした。

もうすぐ更新月(3か月更新でした)・・・でも私は金銭的な都合で、どうしても産休育休を取りたかったんです。

それを正直に派遣の担当者に話しました。

すると派遣の担当者が「時短で更新できないかどうか、派遣先の上司に相談してみます。」と言ってもらい、見事に更新してもらいました。

厳密にはその会社は時短という制度がなかったので、朝はフレックス制での出勤にして、夕方は早退という形で継続することになりました。

 

産休まで持たない・・・

フレックスと早退の日々でなんとか出勤していましたが、お腹の張りが酷くなってきたり、相変わらず嘔吐もしていたので「できることなら1か月早めに休みに入りたい」と派遣会社に伝えました(ワガママし放題)

でもそれも担当者は「上司と相談します」と前向きに捉えてくれて、1週間後、派遣会社の担当者と上司の方が私に会いに来てくれて、上司の方の奥さんもつわりが酷かったみたいでとっても親身になってくれました。

私の担当者が最初とかなり態度が変わったのもこの人のおかげかなと思います。

派遣先も、「しんどそうだし引き継ぎも早めて11月いっぱいで終われるようにしましょう!」と言ってくれました。

派遣先との契約が切れてからは、派遣会社との直接雇用という形で雇っていただき無事産休に入ることができました。

 

まとめ

私は双方の会社にとっても恵まれていました。

これはまず一番に感謝!!です。

私の体験談を読んで「こいつワガママすぎやろ、よくそんな状況で耐えれるなぁ」と思う方もいると思います。

そうなんです、私も自分でそう思ってましたw

でも最終的には誰にも嫌われることなく(多分。陰では言われてたかもね)希望通り産休育休の取得もできました。

私の場合、産休育休が取れると取れないでは200万くらいお金が変わってきたので本当に取得できてよかったです。

「もう無理だから辞めよう」と諦めるのではなく、まずは担当者に相談してみるといいと思います。

最近は派遣社員でも産休育休取得者が増えているので、親身になってくれる担当者は多いと思いますよ。

 

スポンサードリンク

-妊娠
-, ,

Copyright© まるころいんふぉ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.