ドラマ

ストロベリーナイトサーガ原作の結末は?ドラマ最終回を予想!

投稿日:

スポンサードリンク

人気ドラマシリーズを続編でなく、リメイク版で作成する「ストロベリーナイト・サーガ」。

放送前から、前作ファンの風当たりの厳しい意見が散見される状態です。

原作の誉田哲也さんによる「姫川玲子シリーズ」は、今なお継続して小説が発行されていますが、初期の「ストロベリーナイト」「ソウルケイジ」の警察事件と比較すると最新作「ノーマンズランド」は国際問題をテーマにした作品で、スケールが大きくなってきています。

原作の姫川玲子シリーズを追いながら、リメイク版「ストロベリーナイト・サーガ」の結末を予想していきたいと思います。

 

スポンサードリンク

ストロベリーナイト原作の結末は?

原作ネタバレ含みます。

 

 

 

誉田哲也氏原作の「姫川玲子シリーズ」は現在「ノーマンズランド」まで刊行されています。

姫川玲子とそのまわりの人達の動向をおさらいしておきましょう。

捜査1課「姫川班」のリーダーとして姫川玲子は凶悪な殺人事件に携わっていました。

菊田和夫は姫川玲子に淡い想いを寄せる部下です。

凶悪犯を対峙する日々に「姫川班」は命をかけた捜索を続けています。

 

暴力団組織の構成員が殺害される事件が起こり、容疑者として浮かび上がってきたのは、過去に誤認捜査で容疑者になったことを苦にして自殺した男性の息子でした。

殺害された暴力団の捜査に入った姫川は、暴力団幹部の牧田という男と出会い、恋に落ちます。

暴力団幹部と警察官の恋が成立するはずはありません。

ヤクザ構成員の殺害をきっかけに過去の警察の失態が明るみに出て、また暴力団の内部抗争も勃発します。

姫川が心を寄せた牧田は姫川をかばって死に、誤認逮捕を隠蔽していた捜査1課も人員刷新となり姫川班も解散しました。

 

姫川と菊田は別の署に配属されました。

姫川は池袋署で、暴力組織の人間が次々に殺害される連続殺人事件の捜査を開始します。

容疑者に浮かんだのは元警察官、そして、振り込め詐欺の捜索をしていた菊田の追っていた犯人が、殺人犯の仲間であることが判明、姫川と菊田は再会し共同捜査を始めました。

このとき、菊田は結婚していました。

姫川と菊田は結婚についての会話を全くしませんが、菊田のはめていた結婚指輪で充分伝わりました。

菊田が命を落としかけますが、事件は解決しました。

この事件の後、姫川や菊田は再び、捜査1課に戻ってきます。

菊田は再び姫川の部下に戻ってきました。

 

捜査1課で再び凶悪事件の捜査に当り始めた姫川。

上司の林が殉職し、姫川は相性の悪い日下の下で働くことになりました。

 

そして起きたのが女子大生殺害事件。追っていた先にいたのは「ガンテツ」こと勝俣が関わっている北朝鮮拉致に関わる殺人事件でした。

恋人を拉致された江川は自衛官として勤務しながら、拉致した犯人を追ってついに見つけました。

北朝鮮のスパイを江川は監禁して拷問、拉致した恋人は凌辱され殺されていたのです。

スパイが自白した映像を政府に送りつけた後スパイを殺害し、江川は自殺。

国際問題になりかねない事件ゆえ、政府は偽装工作をしようとします。

スパイの遺体を、別の事件の被害者の遺体とすり替えて処理しようと画策されていたのです。

その別の遺体というのが、姫川が追っていた女子大生を殺害した犯人が、別件で殺した被害者の遺体だったのです。

江川の事件を担当していた「ガンテツ」は遺体のすり替えを含めて、事件のもみ消しに関わる立場になっていたのです。

 

現在、「姫川玲子シリーズ」最新刊「ノーマンズランド」は事件が解決しない状態で続編待ちです。

凶悪な連続殺人事件を解決してきた姫川ですが、シリーズを追うごとに事件のスケールが大きくなってきて、国際問題に発展した最新作の続きが非常に気になります。

また、問題が国際的になるなかで新しい登場人物が活躍する予感もあり、姫川とガンテツ、また日下との関係もダイナミックに動いていくのかもしれません。

 

前作ストロベリーナイトの結末は?

ドラマ版・映画版を合わせて、捜査1課の初期「姫川班」が活躍するストーリーが展開しました。

映画版で「インビジブルレイン」が描かれ、姫川は暴力団の幹部牧田との未来のない恋をして牧田は死亡し、姫川班は解散、姫川と菊田は別の署に異動して、新しい一歩を踏み出しました。

 

前作「ストロベリーナイト」シリーズは姫川と菊田が異動になり別々の道を歩みだしますが、いつか再びともに行動するかもしれないという希望を持てそうな展開で終わりました。

 

 

スポンサードリンク

ストロベリーナイトサーガの最終回を予想!

原作のネタバレ含む内容です。

 

 

 

リメイク版「ストロベリーサーガ」で描かれるお話として公表されているのは

・ストロベリーナイト(前作でもストーリーの最初の事件)

・ソウルケイジ(前作でも扱っている事件)

・インビジブルレイン(映画版の事件、前作シリーズはここで終了)

・ブルーマーダー(前作では扱っていない話であり、「インビジブルレイン」の続き)

となっています。

注目すべきは、映画版「ストロベリーナイト」の続きを新たに映像化する点です。

捜査1課「姫川班」が解散し、姫川は所轄刑事になります。

暴力組織の人間ばかり狙う連続殺人犯を追いかける中で、別の事件を追っていた菊田と再会することになります(菊田の追っている犯人が、姫川の追う連続殺人犯の仲間だったため)。

ちなみに再会した菊田は、結婚指輪していました。

菊田は結婚の報告を直接姫川にするわけではないのですが、姫川は結婚したのねとわかるということになります。

捜査上、行動することになった2人ですが、犯人逮捕直前、菊田は負傷します。

でも、菊田は助かります!

姫川は仕事上の最高の相棒を失わずにすんだのです。

 

原作の「ブルーマーダー」のラストまで描いて、姫川と菊田の恋愛感情に決着をつけることを、リメイク版で描くのだろうと予想しています。

言い換えれば、姫川と菊田の関係に決着をつけるためには、続編ではなく、リメイクすることを選んだのだと断言しちゃいましょう(←言い切っちゃった(^^;)。

 

まとめ

前作の「ストロベリーナイト」は姫川と菊田が淡い恋心持ちながら、いつか気持ちが通じ合うかもしれない世界線の物語です。

一方、「ストロベリーナイト」は姫川と菊田が最終的に恋愛感情を乗り越えた絆の最高のバディとなる世界線のストーリーという捉え方でいいのではないでしょうか?

 

もし、好評であれば、原作のシリーズが続行していることを考慮して、続編への期待も視野にいれたリメイクなのでは?と考えたくなりますよね。

スポンサードリンク

-ドラマ

Copyright© まるころいんふぉ , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.