子育て

子どもが英語を話せるように育てたい!覚えておきたいポイントは?

更新日:

大人になってから「小さいときから英語を習っておけばよかった…」と思う機会は、意外とたくさんありますよね。

学校の授業や受験勉強はもちろんのこと、職種によっては社会人になってからも英語力が必要なことも。


きっと多くのママさん、パパさんが、「自分の子供には絶対に英語を習わせよう!」と意気込んでおられるのではないでしょうか。

もちろん習い事として英会話教室に通わせるのも一つの方法ですが、家庭ではどのようなことができるのでしょうか?

ご両親が英語を話せなくても、子育てをしながら日常生活に取り入れられることがあるんです。

ポイントをおさえて、家でも英語環境をつくってあげましょう!

 

スポンサードリンク

英語はいつから勉強させるのがいい?

この質問に対する意見は諸説あり、明確な回答は出ていません。

「小さければ小さいほど脳の吸収率が良いので、できるだけ早めに始めたほうがいい」という意見もあれば、

「早くから英語を取り入れすぎると、日本語の学習がおろそかになってしまう」という意見もあります。

こればかりはご家庭ごとに考え方が違ってきますので一概には言えませんが、目安として「どれくらい英語を使えるようになってほしいか」を判断基準にするのも一つの方法です。

極端な話ですが、ネイティブ並みの英語力に近づけたいのであれば、もちろん英語一択で育てる方が早いですし、日本語と英語のバランスを取りたいなら半分半分の生活…といった具合です。

また子供にも個人差がありますので、言葉を話し始める時期や、英語に対する興味の高さも違ってきます。

まずは少しずつ英語を生活に取り入れ、様子を見ながら方向性を決めていくのがおすすめです。

 

英語を日常生活に取り入れるポイントは?

英語と楽しいことを結びつける

大人にとっては、「英語を習う=勉強」というイメージが強いかと思います。

一方、これから世界を知っていく子供たちにとっては、すべてのものが新鮮で、そこには”日本語と英語の違い”もまだ存在していない為、私たち大人には分からないまっさらな状態です。

まずは子供たちが好きな、歌やアニメ、音楽やダンスなどの楽しい時間を、英語と結びつけることから始めてみましょう。

「英語に触れるのは楽しい!」という感覚を覚えさせられると、本人にとっても楽しく継続することができます。

 

「英語耳」を育てる

大人になってからの英語学習で苦労するのは、リスニング力。

それは、「英語耳」と呼ばれる聞き取り能力が、幼少期を過ぎると育てにくくなっていくからです。

小さいころからネイティブの英語を耳にする機会を増やしてあげることで、英語耳を育ててあげましょう。

注意したいのが、子どもが聞き取った英語を、無理やり直さないことです。

例えば、”Hello”という単語をカタカナで書くと、多くの人が”ハロー”と書くと思います。

でも、実際にネイティブの発音を聞くと”ヘロゥ”と聞こえることも。

これは、まだ何も学習を受けていないまっさらな状態の子供たちだからこそ聞き取れる強みでもあります。

自然と伸びていく聞き取り能力や発音の成長を邪魔せず、この強みをのばしてあげましょう。

パパとママからは”簡単な英単語”を

上記でご紹介したように、CDやDVDなどを使ってネイティブの発音を聞かせてあげることは大切ですが、子育てでなによりも大切なのが親子間のコミュニケーションです。

とはいっても「英語には自信がない…」という方もいると思います。

でも、ご両親の英語力はあまり重要ではありません。

私もキリン=ジラフということを最近知ったくらいのおバカさんです('◇')ゞ

なので私は英語の表記付きの図鑑を買いました。

2歳の誕生日プレゼントの一つですが、まだ早いかと思いきや、意外ととても喜んで毎日一緒に見て、私も一緒に勉強しています!

娘は生き物や車が好きなので主に見るのは動物と車のページが多いですが、他にも食べ物や楽器、普段身に着けるものやおもちゃなど、本当にたくさんのものが載っています。

これくらいなら、気軽に親子で取り入れられそうですよね(*^^*)

 

スポンサードリンク

まとめ

ポイントと言ってもどれも難しいことはなく、今日からでも実践できそうなことばかりですよね。

まっさらな状態の子どもの記憶力は非常に高く、まるで歌を覚えるかのように、次々と英語を吸収していきます。

今はCDやDVDなどもたくさん出ていますので、子どもが興味をもってくれそうなものから、少しずつ取り入れてみると良いでしょう。

うちはしまじろうのおまけ教材が時々届くので、その中に英語のDVDも入っており、楽しそうに歌を聴いたり踊ったりしています。

またそのときに心がけたいのが、なるべくママやパパも一緒に同じものを見ることです。

せっかく子供が英語のフレーズを覚えて話しかけてきても、何のアニメのどのシーンの話をしているのかわからないと子供も親も寂しいですよね。

親子間のコミュニケーションがとても重要な時期ですので、この点も大切にしてあげてくださいね。

スポンサードリンク

-子育て
-

Copyright© まるころいんふぉ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.