家事

いま「旬」の野菜はなに? 月別 おすすめ野菜とメニュー例

投稿日:

今の季節、何の野菜が「旬」だかすぐに思いつきますか?

スーパーに並び始めたのを見てから知る人も、多いのではないでしょうか。

旬の野菜は、味が良いだけではなく栄養価が非常に高いというメリットがあります。

今回は1月から12月まで、それぞれの旬野菜と簡単なメニュー例をご紹介します!

 

スポンサードリンク

1月におすすめの旬の野菜

年末の忘年会やクリスマス、お正月の豪華な食事など…盛りだくさんのイベント続きで、お疲れ気味の胃を休めましょう。

消化に良い温かいものがおすすめです。

◎白菜

胃などの消化器系を安定させてくれる白菜は、冬の料理に大活躍。

寒い時期の白菜は、特に甘みが増しています。

おすすめメニュー:豚バラと白菜のミルフィーユ鍋

 

◎大根

整腸効果のある大根は、風邪予防にも効果的!

同じく旬のブリとあわせて、ブリ大根などいかがですか?

おすすめメニュー:ブリ大根

 

2月におすすめの旬の野菜

寒さの厳しい2月は、体が温まるスープなどで風邪予防をしましょう。


◎あしたば

ビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富で、美容やダイエットに効果があるといわれるあしたば。

花粉症を和らげてくれる効果もあると言われています。

おすすめメニュー:卵とあしたばのスープ

 

◎セロリ

利尿作用があり、高血圧に効果があります。

またセロリの特徴的な香りは、イライラを抑え精神を安定させてくれる働きも。

おすすめメニュー:ミネストローネ

 

スポンサードリンク

3月におすすめの旬の野菜

だんだんと春を感じる陽気になってくる頃。

山菜や春キャベツなども、店頭に並び始めます。

◎ブロッコリー

ビタミン、ミネラルが豊富で、美肌や老化防止に効果的。

蒸しゆでにすれば栄養価の流出も防げ、食卓を彩るメニューが簡単に一品増えますね!

おすすめメニュー:蒸しブロッコリー

 

◎レンコン

整腸作用のあるレンコンは、花粉症にも効果があると言われる万能野菜です。

おすすめメニュー:蓮根と人参のきんびら

 

4月におすすめの旬の野菜

新生活が始まり、体に疲れやストレスがたまりやすい時期。

規則正しい食生活で、体をいたわってあげましょう。

◎たけのこ

ゆでた時に出る白い成分はチロシンと呼ばれ、疲労回復の効果があります。

おすすめメニュー:おひたし、チンジャオロース

 

◎新玉ねぎ

血液をさらさらにする働きのある玉ねぎ。

心身の疲れをとり、イライラを抑えてくれる効果があります。

せっかくの新玉ねぎは、生で食べるのがおすすめです。

おすすめメニュー:新玉ねぎと鰹節の和風サラダ

5月におすすめの旬の野菜

気分が優れなかったりやる気が出ない…五月病かな?と思ったら、旬の野菜パワーで乗り切りましょう。

豆類がおいしくなる時期でもあります。

◎アスパラガス

ビタミンやカリウムが豊富で、疲労回復やスタミナ増強の作用があるアスパラガス。

肝臓や腎臓の機能回復にも良いそうです。

おすすめメニュー:ベーコン巻きアスパラガス

 

◎さやえんどう

疲労回復や集中力を高め働きがあるさやえんどう。

二日酔い予防にも効果があります。

おすすめメニュー:卵とじ、胡麻和え

 

6月におすすめの旬の野菜

梅雨に入りジメジメとした憂鬱な季節。

夏野菜が出回り始めるので、香辛料を効かせたメニューで気分転換はいかがですか?

◎なす

なすはカロリーが低くヘルシーな上、老化防止、美容効果がある女性に嬉しい野菜の一つ。

がん予防にもなります。

おすすめメニュー:夏野菜カレー

 

◎ズッキーニ

骨粗しょう症や認知症予防によいと言われるズッキーニ。

油で炒めると旨味が増します。

おすすめメニュー:ラタトゥイユ

 

7月におすすめの旬の野菜

暑さが厳しくなってきて、熱中症や脱水症状がこわいこの時期は、水分を多く含む野菜を食べるのがおすすめ。

あっさりメニューなら、食欲がない日にもおいしくいただけます。

◎トマト

トマトに含まれるリコピンには、紫外線から肌を守り、老化を防ぐ効果があります。

生で食べるより、加熱した方がリコピンの吸収率が上がります。

おすすめメニュー:トマトと卵の炒め物

 

◎きゅうり

90%以上が水分のため、夏の水分補給に良い野菜。

体温を下げてくれる働きがあります。

食欲のないときにも、さっぱり食べられるのもうれしいですね!

おすすめメニュー:ぬか漬け、酢の物

 

8月におすすめの旬の野菜

ビアガーデンやバーベキューなど、お酒を飲む機会が増える夏。

野菜の力を借りて思いっきり楽しみましょう!

◎枝豆

おつまみの定番の枝豆は、アルコールの分解を助ける働きがあります。

二日酔い、夏バテ予防にも効果的です。

おすすめメニュー:塩茹で

 

◎ゴーヤ

食欲不振や体力低下を予防するゴーヤ 、夏野菜の代表。

ゴーヤに含まれるビタミンは調理しても壊れにくく、肝機能を高める働きもあります。

おすすめメニュー:ゴーヤチャンプル、酢の物

 

9月におすすめの旬の野菜

そろそろ夏も終盤。

この時期は、旬を終える夏野菜と、これから旬をむかえる秋野菜の両方が楽しめる贅沢な季節です。

◎しめじ

夏の間に日焼けをしてしまったときは、しめじの美白効果に期待しましょう。

疲労回復の働きもあります。

おすすめメニュー:秋鮭としめじのホイル焼き

 

◎里芋

炭水化物ですが、水分が多いのでカロリーはさつまいもの半分以下。

ぬめり成分が体に良く、また食物繊維も豊富で便秘解消にも効果があります。

ダイエット中でも取り入れたい野菜です。

おすすめメニュー:筑前煮

 

10月におすすめの旬の野菜

食欲の秋は、おいしいものがたくさん。

つい食べ過ぎてしまいがちな時期は、旬野菜をうまく使って体調を整えましょう。

◎サツマイモ

お通じをよくし、腸内の有害物質を外に出し肌荒れ改善の効果もあるサツマイモ。

この時期ならではの甘みを楽しんでください。

おすすめメニュー:焼き芋、バター醤油煮

 

◎舞茸

栄養価の高い舞茸は、近年ダイエットに効果的な食材としても話題になっています。

きのこ類は低カロリーなので、かさましにも良いですね。

おすすめメニュー:舞茸スープ、炊き込みご飯

 

11月におすすめの旬の野菜

冷え込んでくるこの季節は、食事から風邪対策を。

旬の野菜で免疫力をつけましょう。

◎ホウレンソウ

ビタミン、ミネラルが豊富で、皮膚や粘膜を保護し免疫力を高める働きがあります。

おすすめメニュー:おひたし、ベーコンとホウレンソウのソテー

 

 

◎春菊
年間を通じて見かける春菊ですが、茎や葉が柔らかく、香り高いこの時期が旬になります。

呼吸器系や胃腸を整える成分があり、食べる風邪薬とも呼ばれています。

おすすめメニュー:すき焼き、鍋焼きうどん

 

12月におすすめの旬の野菜

年末は何かと忙しくなるもの。

栄養価の高い野菜で、健康に1年を締めくくりましょう!


◎長ねぎ

寒くなるにつれ甘みが増すねぎ。

白い部分は血液をさらさらにする効果が、緑の部分は免疫力アップに効果的です。

おすすめメニュー:鍋、鶏肉と長ネギのソテー

 

◎かぶ

根にも葉にも栄養がぎっしり詰まったかぶは、冬の料理に大活躍。

免疫力を高める効果もあるので、寒い日にはぜひ体があたたまるメニューを。

おすすめメニュー:クリームシチュー、ベーコンとかぶのこんそめスープ

まとめ

「旬」と言われる野菜には、美味しさと栄養の両方がたっぷりあることがわかりましたね!

時期によっての旬を楽しみ、健康維持に役立ててください(*^^*)

夕飯のお買い物の参考にもどうぞ☆

 

スポンサードリンク

-家事
-

Copyright© まるころいんふぉ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.