子育て

子どもは室内でどうやって遊ぶ?雨の日におすすめの過ごし方 3選

更新日:

梅雨の時期は、洗濯ものもなかなか乾かないし、なんだか気分も憂鬱になりがちですよね。

子どもにとっても、雨の日はとても退屈なもの。

外に遊びに行けないぶんエネルギーが有り余っていて、


家の中で大騒ぎしたりなかなか寝なかったりとママの悩みも尽きません。

そこで今回は、雨の日におすすめの室内での子どもとの過ごし方を3つご紹介します!

今回は特に、遊びながら知育にも繋がるものをチョイスしてみました。

せっかくなら遊びながら賢くなってしまいましょう!

 

スポンサードリンク

ねんど遊び

おうち遊びの定番ねんどですが、実はいろいろなメリットがあるんです!

ちょっとした工夫で、何通りもの遊び方ができますよ。

メリット

◎想像力アップ

粘土あそびによって、子どもの「こんなものを作ろう!」という気持ちから想像力が鍛えられます。

ついつい大人がアドバイスをしたくなるときもありますが、ここは子供たちの自由な発想を尊重してあげましょう。

驚くような傑作が出来上がるかも?(^^)

 

◎脳&指先のトレーニング

頭の中に抱いたイメージを、実際に形に起こす作業は、脳に刺激を与えます。

また、細かな部分にこだわることで、自然と指先の器用さが培われます。

集中力アップにも効果的です!

ワンポイント

普通のねんど遊びに飽き気味かな?と思ったら、ぜひ提案してあげてください。

 

◎ママからお題を出してあげる

子どものチャレンジ精神をくすぐるように、ママから作品のお題を提示してあげましょう。

作れた後はたくさん褒めてあげ、達成感を味あわせてあげてくださいね!

 

◎お店屋さんごっこ

野菜やデザートに見立てた物をつくってみましょう。

自分だけのお店屋さんごっこのおもちゃが出来上がりますよ!

 

◎「色」のお勉強

色付きの粘土を混ぜ合わせて、「色」のお勉強はいかがでしょうか。

赤と白でピンク、青と赤でムラサキなど…きっと驚いて興味をもってくれると思いますよ!

ただし、一度混ぜてしまった粘土は元の色には戻せません。混ぜるときは少量を取り分けて遊ぶようにしましょう。

クッキング

毎日のお料理は、時間に追われてなかなか子どもと一緒に作業をするのは難しいですよね。

そんなときは、雨の日を利用してクッキングタイムを設けてみましょう!

メリット

◎「食」への興味アップ

食が細いことにお悩みのママさんには、ぜひ”一緒に作る”という体験をさせてあげてください。

自分も参加しながら作ったお料理は、なぜだか特別で美味しく感じるはずです!

 

◎食材の変化していく過程を知る

ハンバーグは何からできているのか?

サケの切り身はどういった魚だったのか?

私たち大人からすると当たり前のことも、キッチンの中には子どもにとって初めての知識が溢れています。

切ったり焼いたりと、食材が変化していく様子を見せてあげましょう。

 

ちょっとした工夫

子どもの方から、「お料理したい!」と言ってくるかもしれませんよ!

 

◎本人専用の道具を用意

エプロンや子ども包丁など、その子のための調理器具を用意してあげましょう。

安全面からも大切な道具選びですが、自分専用のものがあると、子どもはワクワク感が高まります。

 

◎出来ること、難しいことの見極め

なるべくなら、子どもの「やりたい!」という気持ちを尊重してあげたいところですが、お料理には危険な場面もありますよね。

大人がやるべきことと、子どもにもやらせてあげられることの見極めをしてあげましょう。

あまり難しいことをやらせてしまうと、うまくできずストレスに感じたりやる気が削がれてしまいます。

一方で、大人がやっていることは何でも挑戦したがるのが子どもあるあるですよね。

これはちょっと難しいかな?という作業をやるときは、子どもには何か別の作業をお願いし、役割分担をしていることで本人にも納得してもらいましょう!

 

スポンサードリンク

ハイハイ運動あそび

赤ちゃんが歩きはじめる前にする、ハイハイ。

実はすごい効果を持っているんです!

「え、これが遊び?うちの子はもう歩いてるけど…」というママさんも、ぜひその効果と遊び方を参考にしてみてくださいね。

 

メリット

◎体幹が鍛えられる

赤ちゃんのイメージが強いハイハイですが、実は腹筋など身体の中心にある筋肉をフルに使う運動なんです。

重心バランスをコントロールする力、すなわち体幹が鍛えられ、それにより運動能力の向上につながります。

プロの運動選手の中にも、ハイハイ運動を体幹トレーニングとして取り入れている人が多くいるんですよ。

 

◎しっかり疲労感

走ったり飛んだりという運動は、なかなか家の中では難しいことが多いですよね。

でも、一日中おうちの中でじっとしていると、子供たちはエネルギーを持て余してなかなか寝てくれないということも。

ハイハイは騒音を立てにくく、適度な疲労感を感じることもできる最適な室内運動なんです。

 

ちょっとした工夫

もう歩いているのにハイハイするかな?と思ったら、こんな遊びを提案してみてください。

◎ハイハイで競争

子どもの競争心を刺激することで、興味をもたせることができます。

距離は短めでもいいので、まわりに危険なものがないかをあらかじめチェックしたうえで遊んでくださいね。

 

◎手押し車

ハイハイなんてしないよ!という子には、新しい運動を教えてあげましょう。

手押し車とは、子どもの両足を親が持ち、手の力だけを使って前に進む運動です。

ある程度の腕力が必要になりますので、パパがいるときにやってもらうのもいいですね!

 

まとめ

今回は雨の日におすすめな、室内での子どもとの過ごし方をご紹介してみました。

子どもの年齢や好みに合わせて、興味をもって楽しんでくれそうなものを探してあげてみてくださいね。

憂鬱な梅雨が少しでも快適に過ごせますように(*^^*)

スポンサードリンク

-子育て
-,

Copyright© まるころいんふぉ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.