出産

骨盤矯正が簡単にできる!産後のママにおすすめのお手軽方法

更新日:

妊娠中、女性の身体は約40週もの長い時間をかけて大きく変化します。

お腹は大きく膨らみ至る所に負担が掛かるため、産後の身体はなかなか思うように動きません。

中でも骨盤の歪みは大きな悩みの種。

正しい方法できちんと骨盤矯正を行わないと、冷え性・むくみ・肩こり・体型が戻らないなどのトラブルに繋がってしまいます。

産後の骨盤矯正には様々な方法がありますが、育児や家事で余裕がなく中々時間がとれないこともありますよね。

今回は、産後忙しいママでもできる、簡単&お手軽な骨盤矯正のおすすめをご紹介いたします。

 

スポンサードリンク

正しい姿勢と歩き方

まずは最低限、歪みを悪化させないために普段から正しい姿勢を心掛けましょう。

胸を張り、背筋を真っ直ぐ伸ばし、あごを引きます。
お腹に力を入れて引っ込めるような感じで、お尻にもキュッと力を入れましょう。
姿勢をキープしたまま、足を真っ直ぐ揃えて、内股・外股にならないように歩きます。

それだけ?!と思われるかもしれませんが、姿勢と歩き方は非常に重要です。

横座り、あぐら、脚を組むなどの動作も歪みを招きますから、なるべく止めてください。

妊娠期間中は重心がお腹に集中してしまい、前傾や後傾の姿勢になりやすかったはず。

この姿勢の崩れによって、腰や背中の痛みなどを経験された方は多いでしょう。

いくら簡単でも、正しい姿勢を常に意識することは、中々難しいと思いますよ。

育児においても授乳やおんぶ、抱っこなど姿勢が悪くなりがちなシーンがたくさんありますから、つい猫背になりがちです。

普段から姿勢を意識することで歪みの悪化を食い止めましょう。

骨盤ベルトを着用しよう

骨盤ベルトを着用するようにしましょう。

出産直後からの着用を推奨する産院が増えており、中にはお産セットの一部として用意してくれている産院もあります。

なるべく産前から用意して、産後すぐ使い始められるようにしておきましょう。

骨盤ベルトを正しく着用することによって、しっかりと骨盤が支えられ、歪みが速やかに緩和されます。

着用するだけで良いという手軽さながら、するとしないとでは大違い。

腰への負担がまるで違います。

骨盤ベルトの中でも特に人気なのが、トコちゃんベルトシリーズ。

素材が柔らかいものやカラフルなタイプなどたくさんの種類がありますよ。

妊産婦以外でも、立ち仕事の多い方や腰痛にお困りの方も愛用者が多い商品です。

産前から使うことができるので、腰痛が気になり始めた妊婦さんにもオススメです。

スポンサードリンク

1日たったの10分!骨盤矯正ストレッチ♪

整体や鍼灸などに通うことは難しくても、自宅で簡単にできる骨盤矯正ストレッチがあります。

育児の合間やテレビを見ながらできる簡単ストレッチです。

① 肩幅より少し広めに脚を開きます。
② ゆっくりと8の字を描くように腰を動かします。手は腰に当てておき、ゆっくりと大きく動かしましょう。
③ 背筋はピンと伸ばし、胸を張った姿勢を崩さないよう、正しい姿勢をキープします。お尻にもキュッと力を入れて、脚はしっかりと地面につけてください。

この動作を繰り返し行うことで、骨盤周りの筋肉に刺激を与え、インナーマッスルを鍛える効果があります。

私が産後間もなくこのストレッチを始めたときは、腰や足のあちこちからパキパキと音が!

普段意識しないと動かさない部分なんだな、と実感しました。

骨盤ベルトを着用しながら1日10分。

これを休まず3か月続けたところ、ようやく妊娠前のジーンズが穿けるまでになりました。

とっても簡単なストレッチなので、その分毎日コツコツ続けることが大切です。

 

まとめ

産後の骨盤の歪みは、とにかく放っておくことが一番いけません。

何もせずに過ごしていると、徐々に歪みが進行してしまい、左右のバランスが悪くなります。

すると産後の戻りも遅くなりますし、腰痛や冷え性などが慢性化してしまいます。

そうさせないためには、自分なりに毎日継続できる方法を見つけることです。

長い時間をかけて広がってしまった骨盤ですから、すぐに元通りというわけにはいきません。

すぐに効果が出なくても焦らず、継続していくことが大切です。

今回ご紹介した方法は手軽にできる簡単な方法ばかりですから、ぜひお試しくださいね。

スポンサードリンク

-出産
-

Copyright© まるころいんふぉ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.