家づくり

【注文住宅を建てるまで】土地の購入は即決がいい?注意すべき点は?

更新日:

注文住宅を建てるにあたって、必ず必要なのが家を建てる「土地」ですよね。

これがないと何もできないので、家づくりの前に土地探しが待っています。

しかしこの土地探しって簡単ではないんですよ。

私たち夫婦は最初から住みたい地域は決まっていましたが、土地の購入は難航しました。

早く家づくりをスタートさせたいのに、土地にこんなに時間がかかっていていいのかと焦っていました。

今回は私たち夫婦が土地探しで失敗したこと、成功したこと、そして決めるまでに必要なプロセスをまとめてみたいと思います。

 

スポンサードリンク

住む土地のリサーチ

まずはこれを欠かしてはいけません。

うちが決めた土地は開発中のエリア。

整備された綺麗な街並みで、土地の価格もお手頃だったのでここにしよう!と決めたのですが、細かいところのリサーチはできていませんでした。

私がリサーチした点は、買い物をするのに不便はないか、車の通り道は確保されているか、子どもの通う学校の場所、治安などです。

私が住む地域は車どおりは比較的少ないですが、車道が交差しているところが多く、中には見通しの悪い交差点もあります。

その点が通学時にどうなるか心配でしたが、通学時には専用の遊歩道が整備されており、安全な道順が確保されていました。

中学校からは自転車通学になりそうですが、こちらも通学路としてきちんと道が整備されているので安心かなと思い決めました。

また、昼間と夜、平日と休日の違いも確認していた方がいいです!

夜は思っているより暗かったり・・・昼間とはガラッと雰囲気が変わります。

また、休日に近くの公園はどれくらいの年齢層の子が集まっているか、車の交通量は増えるかなども見ておくといいですよ。

実際には住んでみないと分からない部分が大半だとは思いますが、事前に見ておくことで安心材料になりますし、土地を決める時の決定打にもなります。

 

土地は価格と向きと勾配を見る

土地を決めるうえで大事なことがあります。

まず価格。

その地域の相場に比べてかなり安いのは必ず何か理由があります。

例えば土地が狭い、北向き、地盤が弱い、前面道路からの勾配が高い、などですね。

南向きの方が需要はありますし、当然北向きの方が安くなります。

地盤については見た目ではわかりませんが、売りに出している不動産屋は大体その地域の地盤は把握しています。

地盤調査に入ってから地盤改良が必要になると100万単位のお金がかかってくることもあります。

また、前面道路から高い位置に土地があるケースもありますよね。

この場合、駐車場を作るのにいらない土をすき取り、玄関までの間に階段が必要になります。

そうなると外構費がかさんできます。

こちらはどれだけこだわるかにもよりますが、フラットに近い土地に比べて200万ほどの差は出てくるそうです。

これを踏まえると、安いことが必ずしもいいとは限らないですよね。

少々高くてもフラットで地盤改良が必要ない土地を選んだ方が結果的に安く済むこともあるわけです。

ただ一概にはこっちがいい!とは言えないので、土地に関して詳しいことはハウスメーカーや工務店、不動産屋にきちんと確認することをお勧めします(*^^*)

 

スポンサードリンク

いい土地はすぐに売れる

これ、ほんとにそうです。すぐ売れます。

うちは土地探しを始めてから慎重に慎重に選んできましたが、3回も他の買い手に先を越されてしまいました。

特に私たちが探していた地域は開発中の地域で、人気もあったのでかなり早いスパンで土地がなくなっていきました。

近くに商業施設ができることも決定していて、主要道路とのつながりもできるとあって土地の値段はこれから高騰するというところだったので、不動産屋が土地を抱えて売りに出ているものもかなり少なかったんです。

残った土地は狭い土地か、勾配がかなりある土地、など私たちにとっては悪条件で決めきれず、一回白紙に戻そうか・・・という話にもなったほどでした。

でもそんな話をしていた矢先、ハウスメーカーから連絡があり「新しい土地が売りに出された」と。

見に行ってみると、場所はそれなりにいい。

土地もフラットに近い。

広いし、南向き。

でも大きい道路から近い・・・

少し予算オーバー・・・

どうしようかかなり迷いました。

それでも必須条件の場所と広さは確保できています。

問題は予算でしたが、その分は建物でどこか我慢して削ろう!となり、土地の購入をその日のうちに決めました。

後で聞いた話ですが、私たちが決めた5分後に不動産屋に問い合わせがあったそうです。

かなり僅差でした(;^ω^)

私たちは開発中の土地だったのでかなり激戦でしたが、それはどこの地域でも言えることです。

いい土地はすぐになくなります。

その地域をリサーチして、自分たちの妥協できる範囲で妥協して決めるのが吉だと思います。

またいい土地が出てくるかも・・・と待っていてもそのスタンスではいつまでもいい土地は買えませんよ。

 

まとめ

土地の購入に際して注意する点や見極めるべき点をお伝えしました。

なんだかたくさん書いてしまいましたが、最終的には家や土地はだと思います。

私も今回初めて土地探しを経験して、色々分かったことですが、これから土地探しをされる方のお役に立てればと思います。

いい土地に巡り合えることを祈っています(*^^*)

 

 

スポンサードリンク

-家づくり

Copyright© まるころいんふぉ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.