子育て

ワンオペ育児に大事なのは頼ること!実際に経験して感じたこととは?

更新日:

私は娘が1歳になってすぐ、夫と同居を始めると同時にワンオペ育児が始まりました。

夫と3人での生活が始まるまでは実家暮らしだったのですごく楽させてもらってました。


そこからのワンオペ育児の始まり・・・

慣れない土地で新しい仕事と、手のかかるようになってきた娘との二人での生活は想像以上にきっつい毎日でした。

 

 

スポンサードリンク

ワンオペ育児の始まり

夫はそれまで単身赴任で、私は実家で暮らしていました。(訳あって両親はおらず、妹二人と女4人暮らしでした)

実家の時は昼間はもちろん一人でしたが、妹二人も仕事が終われば帰ってくるので、夜は一緒にご飯を食べて娘のお世話も手伝ってくれていました。

実家なので気兼ねせず伸び伸びと育児ができてたのですが、週末しか会えない夫に娘がなかなか懐かず、さすがにそろそろ一緒に住むか・・・と重い腰を上げて同居を始めた次第です。

両方の実家も遠くなるので不安もありましたが、なんせ28歳にして初めて実家を出る私です。そうですそれが私です。

不安もありながら、少しワクワクもしてたんです。

娘と遊べそうな公園を探したり、安いスーパーを探したり。

なんか新天地での冒険!って感じで楽しいですよね!

でもそれも束の間でした。

夫は毎日残業で、帰りは早くて深夜、遅ければ帰ってこず泊りで仕事なんてこともあります。

土日もどっちかは仕事だったり、家族で過ごす時間はほとんどありませんでした。

それでもこの時はまだ娘も手がかからなかったし、二人での生活も楽しいー!と思えていたんです。

 

兼業主婦スタート

娘も1歳半になり、我が強くなってきて手がかかるようになります。

それと同時に私の仕事もフルタイムでスタートしました。

フルタイムで、家に帰るともう19時。そこから晩御飯→お風呂→寝かしつけ。

それだけ?と思われるかもしれませんが合間には、洗濯物を取り込んで畳む。保育園の荷物の片づけ。

寝かしつけ後に晩御飯の後片付け、洗濯物を回して干す、次の日の晩御飯と弁当の準備。です。

なんかもうほんとにテンテコマイで、毎日必死でこなしてました。

夫には朝も夜も頼れないので全部自分でやらなきゃ。自分しかできない。と頑張ってるアピールも忘れません('◇')ゞ

娘も保育園になかなか慣れず、こんなに毎日泣いてるのに預けて働いてていいんやろか・・・という葛藤もずっとありました。

スポンサードリンク

体を壊してからやっと頼れることを知る

私はついにストレスで体を壊してしまいます。

会社に行くと動悸、息切れ、吐き気に襲われ立っていることもままならなくなってました。

検査もしましたが体には異常がなく、ストレスだろうと言われました。

今までストレスのかかる環境ももちろんありましたが、こんな風に体に出たのは初めてでしたね。

それでも夫には頼れないと、なんとか自力で車を運転して娘を迎えに行き、ご飯を食べさせていました。

でも車の運転も怖くてできなくなってしまい、会社も辞めざるを得なくなりました。

「仕事辞めていい・・・?」と夫に言いました。

なぜこうなったのか経緯もきちんと話すと、「辞めて。体壊してまで仕事せんでいいよ。家事も負担なら俺がやるから、できないことは置いといて。」と優しい言葉をくれました(/ω\)

保育園は仕事を辞めると退園になるのですが、病気のことを相談すると「大丈夫です!預かりますよ!何でも私たちに話してくださいね!」と(/ω\)

こんなに優しい人たちがこんなに近くにいたのかと。

なんで今まで自分一人で頑張らなきゃ!と思い込んでいたのか、今となっては意味不明です。

ただの自滅プレイです。

1人で思い込んで1人で突っ走って1人でずっこけてました。

恥ずかしい(/ω\)

ここで体を壊したのはなんか意味があるんだと思いました。

私がいつまでも気づかずに走り続けてたら、夫との仲も険悪になってただろうし、娘にも八つ当たり。

大げさかもしれませんが、家族崩壊するところでした。

 

まとめ

私がうまく夫を頼れなかったのは、甘え下手ももちろんありますが、実家でぬくぬくとぬるーい家事育児をやっていたからだと思います。

実際に「結婚生活」を体験してみると、こんなに大変なものなのかと驚愕しております。

育児と、特に仕事も始めてからはいかに周りを頼るかが大事だと思い知らされました。

夫も忙しいけど、朝出るついでにゴミ出しはできます。

お風呂入ったついでに簡単にお風呂掃除も。

そんな感じで少しだけですが、家事を手伝ってもらったりしてます。

親も頼れず実家も頼れないとなれば、夫か、地域のサービスしかありません。

私はまだ夫が忙しいなりにも頑張ってくれようとしてるので救われてます。

また仕事も再開しようと思っているので、自分のキャパと相談しながらやっていこうかと。

今ワンオペで苦しんでる人には「一人で頑張るんだ!」という考えをまずは改めてほしいと思います。

1人で頑張ってるから「ワンオペ育児」って言うんですよね。

でも頼れるところは必ずあります。

気づいてないだけです。

地域のサービスや、保育園など、役所でもいいですし一度相談してみてください。

「ワンオペ育児」っていう言葉が早くなくなるような世の中になってほしい。切実に。

スポンサードリンク

-子育て
-

Copyright© まるころいんふぉ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.