子育て

保育園見学で見るべきポイントや質問5つ

更新日:

4月に向けて保育園の入園に備えるママも多いのではないでしょうか。

保育園に入る前に必ずするべきなのが保育園見学です!

公立保育園は園ごとの違いはあまりありませんが、私立保育園は園によってかなりの違いがあります。


待機児童激戦区で見学なんて行ってもどうせ空いてるところにしか入れないし!っていう人もとりあえず園見学には行くべきだと思います。

とりあえず入れるところに入っても気に入った保育園に転園願いを出したりできますし、子どもにとっては親よりも長い時間を過ごす場所です。

慎重に見極めて入園する保育園を決めたいところですね!

見学をするにあたって、何を見て何を聞けばいいのか分からない!という方も多いと思うので、今回は保育園見学についてのポイントを押さえていこうと思います。

 

スポンサードリンク

部屋の広さ 清潔感

まず子どもたちが多くの時間を過ごすのはクラスのお部屋です。

部屋の広さが子どもの数と比べてどうか、掃除は行き届いているか、等です。

私が見学に行った保育園で、娘のクラスの受け入れ人数が30人だったのですが、部屋が狭くロッカーも余裕がなくてぎゅうぎゅうに詰まっているような状態でした。

丁度歌の時間に見学に行きましたが、子どもたちはピョンピョン跳ねたり踊ったりするので子供同士でぶつかったりと、窮屈そうでした。

子どもがこんなに多いのに狭いお部屋だと子どもがのびのび遊べませんよね。

ただ狭い、広いというのではなく、クラスの人数に合ったお部屋の大きさというのは必要だと思います。

 

先生方の対応

まず案内してくれる先生は基本的にベテランの先生が多いです。

主任クラスだったり、リーダー職と言われる位置だったり・・・

その先生の対応が悪かったり愛想がないようなら園の印象も悪くなりますよね。

その先生が保育方針なども決めたりするんですから。

また、案内してもらってる間に会う先生方の対応も要チェックです。

挨拶という基本中の基本ができない先生もいますし、子どもへの接し方も厳しかったり言葉遣いが悪い先生も稀にいます。

私が見学に行った園で実際にこちらが「こんにちは!」と挨拶しても無視したりする先生もいました(-ω-)

そういう園にはあまり入りたくないですよね。

スポンサードリンク

お弁当の有無

保育園は基本的に給食だと思いますが、公立保育園では主食(ご飯、パン等)だけは持参してください。というところもあるようです。

また、給食室が併設されているかもチェックしたいですね。

センターで作っている園もあるのですが、やはりその場で調理されて栄養士さんが身近にいる方が安心感があります。

また、園の栄養士さんから食育指導や栄養指導があったりとメリットがたくさんあります。

呼び出しやお休みの基準

ここは働くママなら絶対に確認すべきところです。

仕事をしているのに、呼び出しやお休みの基準が多いと会社にも迷惑かけるし・・・と気になりますよね。

保育園では熱は37.5度以上出たら基本的にお迎えを要請されますが、子どもは病気でなくてもすぐに熱が上がったり下がったりします。

私の娘も保育園に入ったころは風邪でも何でもないのによく熱を出していました。

その時に園で少し様子を見てくれると助かりますよね。

そのような対応をしてくれるかどうかも聞いてみるといいと思います。

また、警報の基準についても園によって差があります。

娘が通っている保育園は暴風警報だと基本的にお休みですが、大雨警報なら連れてきてもいい、となっています。

暴風警報でも、どうしても仕事の都合がつかない場合で送り迎えに安全を確保できるなら保育します、と結構融通が利きます。

別の園では大雨警報が出た時点で連れてきてはいけない!と言われるそうです。

そのあたりも園によって違いがあるので、ぜひ確認してください。

 

毎日の持ち物

保育園は荷物が多いです。

着替えも何着か置いとかなければいけませんし、おむつやおしりふき、食事用スタイやお手拭き、タオルやパジャマ、歯ブラシなど、毎日持っていくものがたくさんあります。

名前を書いたりと用意が必要なので、必要なものを事前に知って先に準備しておけば直前で慌てることもないですしね。

また週に1回お布団のお持ち帰りがあるのですが、私は最初自転車で送り迎えをする予定だったのでそこは結構気になりました。

最近はお布団ではなくコットという小さなベッドのようなものが用意されるところもあります。

娘が通っている園がそうなのですが、コットのおかげで週に1回持ち帰るものはシーツとバスタオルだけでとても助かってます!

結局私は色々あって車通勤になりましたが、週に1回とはいえ布団を持ち帰って洗ったり干したりって結構手間じゃないですか?

コットでなくても園でお布団をリースさせてくれるところもあるみたいなので、確認してみてくださいね。

 

初期費用がどれくらいかかるか

保育園では備品や制服など、入園の際に購入しなければいけないものが何点かあります。

公立保育園は制服がないところも多いですが、私立はたいていあります。

私はこれを確認し忘れて、入園説明会で初めて購入表を頂いて、えっえったっか。ってなりました。

気を付けてください。

制服とか結構高いです。

娘が通ってる園はカバンや帽子も指定だったので、全部で4万くらいしました。

あとは連絡帳や出欠ノートなど園によって違いますが、一番金額を占めるのはやはり制服、体操服、カバン、靴あたりです。

どこまで指定で料金もどれくらいかを確認した方がいいですね!

 

まとめ

上記でまとめたものはほんの一例で、他にも確認した方がいいことはたくさんあります。

土曜保育の有無(就労証明書が必要かどうかも)や延長保育の時間や料金、保護者会の有無なども気になるところですね。

あとは私は車での送り迎えなので、駐車場の広さや見通しがいいかなども確認しました。

娘が入園してから一つ、残念だったのが先生の入れ替わりが多いことでした。

新しくできた園だったので、保育方針や経営方針が合わなかったのかもしれませんが、人見知りの激しい娘が懐いていた先生が2人も立て続けに年度途中で辞めてしまって、やっと慣れてきたと思った娘が不安定になったりと大変でした(>_<)

新しくできた保育園はこんなことも多いかもしれません。

今ではクラスの先生は信頼して何でも相談できますし、娘も懐いているのでこの園でよかったなぁと思います。

入ってみないと分からない部分ではありますが・・・。

子どもが1日の大半の時間を過ごす保育園ですから、しっかり見極めて入園させたいですよね。

園見学はできるだけたくさん行きましょう(*^^*)

保育園に入れることを不安に思っているママはこちらの記事もどうぞ(^^)/

スポンサードリンク

-子育て
-,

Copyright© まるころいんふぉ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.