子育て

0歳児を保育園に預けるのってかわいそう?子どもやママにとってのメリットは?

投稿日:

子どもが産まれ家族が増えるとなった時、生活は大きく変わります。

女性は仕事を続けるのか一度辞めるのかを選択することになるでしょう。

現代は共働き世帯が多く、男性一人の収入で家族を養っていく…という図式も古くなりつつあります。

経済的に働かなくてはならないという以外にも、女性自身がキャリアアップのために仕事を続けたい場合など、それぞれ事情があることでしょう。

しかし、一般的には子どもが幼稚園に通えるようになり、ママに時間的余裕ができるまでには3年かかります。

子どもが0歳~3歳の間、どのように過ごすのか?

これは、多くの女性の悩みの種ですね。

0歳児のうちから保育園に預けることは、子どもにとってかわいそうなのでしょうか?

今回は0歳児保育について考えていきたいと思います。

 

スポンサードリンク

ママの生活にメリハリがつく

以前、独身時代に勤めていた会社で、女性の上司からこう言われたことがあります。

「結婚して子供を産んだらね、〇〇ちゃんのお母さんとか、〇〇さんの奥さんって呼ばれるようになるのよ。妻であり母であっても、仕事って大切だと思うわ」

私は当時独身でしたから、その言葉の意味を深く考えることはありませんでしたが、今となればよく分かります。

“仕事を通じて社会とつながることで、妻であり母である前に、自分個人としてのアイデンティティーを保つことができる“、と上司は伝えたかったのだと思います。

また、「子どもと離れている時間があるからこそ、子どもを大切にできる」というママもいました。

24時間子どものお世話に翻弄されているとストレスが溜まって、つい理不尽に怒ってしまうことってあるんですよね。

0歳児から子どもを預けると保育料は高額になりますので、ある程度の収入がなければ経済的メリットが減ってしまうのですが、それでもあえて子どもと離れる時間を作ることで、一層子どものことを大切に思えるというメリットもあるようです。

 

赤ちゃんにもたくさんのメリットが!

まだ1歳にも満たない赤ちゃんを保育園に預けると、子どもは大泣き、お母さんも後ろめたい気持ちになってしまいがちです。

でも、決して悪い事ばかりではないのです。

保育士は、子育てのプロフェッショナル!

保育士は、保育の専門家。

オムツ交換のサインやお腹が空いたとき、いち早く気づいてくれますし、赤ちゃんが意味もなくグズった時もどうすれば良いか心得ています。

また栄養士によって栄養バランスが考えられた離乳食も、赤ちゃんの健やかな成長を後押ししてくれます。

保育園でプロフェッショナルの方がお世話してくれることは、赤ちゃんにとっても居心地の良いことでしょう。

 

他の赤ちゃんとのふれあい

月齢の幼い赤ちゃんは、大人以外と触れ合う機会がなかなかありません。

保育園に行けば、毎日赤ちゃんが周囲にいますよね。

そのため、ハイハイや歩き出し、言葉を覚えるのが早かったり、感情が豊かになったりするそうです。

0歳児から保育園に通っている赤ちゃんは、周囲からたくさんの良い刺激を受けて、家庭では得られない体験ができることでしょう。

赤ちゃんに生活リズムができる

保育園に通いだしたところ、夜中ぐっすり眠ってくれるようになった!という話をよく聞きます。

午前中に保育園へ行き、日中はねんねもしますが、周囲は賑やかですので起きている時間も結構あります。

このため日中の睡眠時間が減り、夜泣きが多い夜間にぐっすり寝てくれるようになるのです。

安心してママの側でスヤスヤと、心地よく眠ることができますね。

 

スポンサードリンク

0歳児は慣れも早い

それぞれのご家庭の事情があって0~2歳で保育園に預けなければいけなくなった場合、1~2歳よりは0歳で預けた方が慣れが早いということが言えます。

0歳児の場合はまだ自我が芽生え始める前ですので、最初戸惑うことはあっても、慣れてしまえばすんなり受け入れてくれることも多いのです。

いずれ預けなくてはならないが、もう少し大きくなってから…と先延ばしにすると、返って子どもが環境の変化に戸惑ってしまうかもしれません。

もし2歳までにお子さんを預けることをお考えの場合は、なるべく早いうちに慣れさせるためにも、0歳児保育を検討してみましょう。

 

まとめ

どちらかと言うとまだまだ0歳児保育については、後ろ向きな意見が多いように思いますし、上の世代の方からは、「親が見なくてどうする、かわいそうに」という声もあります。

ただ女性の社会進出が進み、時代は確実に変化していますので、0歳児保育の考え方については世間の理解が進むべき点も大いにあるでしょう。

それぞれのご家庭の事情もありますし、女性が子育てのすべてを担うという時代でもありません。

“0歳で預けるのはかわいそうだ” なんて先入観に囚われずに、ママ自身がどうしたいかということも含め、ご家庭で話し合ってみてくださいね。

スポンサードリンク

-子育て
-, , ,

Copyright© まるころいんふぉ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.