子育て

保育園はかわいそう? 1歳で入れた経験談から思ったことは?

更新日:

私の娘は1歳半から保育園に通いだしました。

娘はかなり神経質で人見知り。

生後4か月頃から人見知りが始まったので、家族以外に抱っこされていた記憶がほとんどありません。

道で知らない人に声をかけられたり目が合うだけで泣き出してしまったり・・・

そんな感じだったので、保育園に入れるのは私自身もとても心配でした。

でも我が家は家計が困窮しており、私も働かないと満足に生活ができないんやから仕方ない!と自分に言い聞かせていました。

 

スポンサードリンク

周りからもかわいそうと言われる

私の母も夫の母もずっと専業主婦として私たちを育ててくれました。

それもあり、孫を保育園に入れることは反対していて、双方の親には「3歳までは親が見るべき!」と何度も言われ、私の祖母も「かわいそうに・・・○○ちゃん、あんなとこに行かないといけないなんて・・・」と悲痛そうでした。

私自身4歳からですが保育園に通っていて、私の妹は1歳から保育園でした。

私自身4歳からとはいえ、保育園は楽しい場所でしたし全然悪いイメージはなかったんです。

でも親に「かわいそう」って言われるのって大きいですよね。

今までは貧乏やし、娘が1歳になったら働くつもりであまり深く考えず仕事が決まったら保育園に入れる!と決めていたのですが、もう一度保育園に入れるということをきちんと考えてみました。

 

保育園に通う理由

私が娘を保育園に入れようと思ったのは、経済的な理由がかなり大きいです。

他にも保育園に通う理由は何があるか考えてみました。

娘に関する理由としては

  • 人見知りの改善
  • 友達を作ってほしい
  • 毎日に刺激をもってほしい

そして私個人の理由

  • 外に出て仕事がしたい
  • 娘と離れる時間が欲しい(夫にも人見知りしてずっと私にべったりなので)
  • 大人との関りがほしい
  • 経済的に余裕がほしい
  • 夫の収入をあてにせず自立していたい

・・・・・・私個人の理由の方が多いやん。うそやん。

でも待てよ。これもうちょい掘り下げてみると

・働きに出て娘と離れる時間があれば→私に余裕ができて娘におおらかな気持ちで接することができる

・経済的に余裕ができると→娘にお金がないからと我慢させすぎない、果物やちょっと高い野菜も変えるかも(ほうれん草とか、ブロッコリーとか)、習い事も行けるかも?

・私が自立できていたら→万が一離婚しても社会復帰にそこまで困らない(するつもりは毛頭ないけど、何があるかわかんないので)

と、こんな感じで娘にもプラスになることもあるんじゃね?って結論に至りました。

スポンサードリンク

入園から半年でやっと・・・

まずは慣らし保育からスタートでしたが、もーう娘の泣きっぷりがすごい。

最初はこんなものだと思いますが、やはり親にしたら辛いですよね。

こんなに泣き叫んでんのに預けなあかんねやろか・・・もう一回考え直してみるか・・・と何度も思いましたが、たくさん考えて決めたことです。

笑顔でバイバイ!とお別れするようにしました。

娘は慣れるまでかなりかかりました。

今、保育園に入って半年ですが、今でも朝はぐずぐず泣いています(;^ω^)

でも保育園の先生には懐いてるし、迎えに行ったときはいつも楽しそうに遊んでるし、連絡帳にも「いつもニッコニコで遊んでますよ(^^)」と書いてあるので、半年経ってやっと私のあの時の決断は間違ってなかったと思えることができるようになりました。

でも寂しい思いをしてないというわけではないと思うので、夜はたくさんぎゅーしたり遊んだりしてます。

休みの日はなるべく遊びに出かけたり、やっぱり子どもは親が一番ですからね!

そこは忘れないようにしようと思います('◇')ゞ

 

まとめ

保育園に預けるのが「かわいそう」と思う理由はいくつかあると思いますが、一番は

「一番甘えたい時期に親から離れるのはかわいそう」だと思うんです。

私も実際思ってました。

まだまだ小さくて私がいないと生きていけないのに、他人に預けるなんて、と思ったこともあります。(他人だなんて、保育士の皆さんごめんなさい。今では救世主です。)

でも実際家族の現状を考えるとうちは預けてよかったです。

金銭的に余裕ができて、心にも余裕ができて、娘と過ごす時間が億劫から充実に変わりました。

保育園では色んな事が学べるし、前述したように一緒にいる時間が短いなら短い時間で濃い時間を過ごせばいいんです。それでいいんです!(川平慈英風に!)

預けたくなくてもやむを得ない事情で預けないといけない人がたくさんいます。

今となっては私の親や夫の親に言いたいです。

じゃぁ、経済的援助してよと。

最後に、「かわいそう」なんて言ってくる人みんなに声を大にして言ってやりたい!と思う、芸人のくわばたりえさんがブログに書いてたことを紹介します。

 

あなたには 分からない 私の環境があるねん!
たくさん悩んで 私がやっと出した答えやねん!
だから 最後は
誰が何と言おうと、私が決めた事。
周りの考え方 意見にも耳を持つけど
100人いれば
100通りの性格があり
100通りの生活環境がある
100通りの考え方がある
その中で
たくさん悩んで自分が決めた。

だから自信を持つぞ!エイ!エイ!ウォー!

出典:くわばたりえオフィシャルブログ

 

私はこの文章を読んでかなり気持ちが楽になりました。

娘のこと、自分のこと、家族のことを考えて悩んで悩んで決断したことを周りにとやかく言われたくないわい。

保育園に預けると決めたママは自信を持ってください!

自分で考えて出した答えなら大丈夫ですよ(^^)/
保育園に入ってよかったと思えることをこちらの記事にまとめてますのでよかったらこちらも参考にどうぞ(^^)

スポンサードリンク

-子育て
-, ,

Copyright© まるころいんふぉ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.