子育て

ママ友付き合いはめんどくさい?良い関係を築くために大切なことは?

更新日:

母親になって初めて経験することの中に、お母さんとしての付き合い、つまり「ママ友」という経験があります。

人生において多くの人に出会いますが、「ママ友」を他の存在と切り離した特別なものと捉えている人も多いようです。

例えば、同じ苦労を分かち合う戦友のような存在だったり、遠くに住む身内以上の存在だったり、はたまた関係を切りたくても自分の意志ではどうにもできないような煩わしい存在であったり、子供を通してだけど割り切った職場のような関係だったり。

ただ、私の経験上、「ママ友」は少数であっても作ったほうが自分のためになると思います。

理由は、子育てをしていくうえで必要な情報を収集するためであったり、子育ての精神的な苦労を軽減するためであったり、さらには子供の友達関係をも良好にすることがあるからです。

そこで良好なママ友関係を築く私なりのアイデアを少しご紹介します。

 

スポンサードリンク

ママ友と付き合いが始まったきっかけ

ママ友との出会いは、子供を妊娠した時から始まっています。

通院している産婦人科が行っている妊婦対象の講座だったり、住んでいる地域の福祉課などで開催している母親教室だったり。

その後は、産後の入院中や、子供を遊ばせる公園、保育園、幼稚園、小学校、習い事…、子供を通して一人では関われなかったであろう多くの人と出会い、その中で幼いころできたような友達が見つかっていきます。

私の場合、初めの子を妊娠した時は、決して人付き合いがうまくできる方ではありませんでした。

遠方から嫁いだということもありますが、ママ友は煩わしく面倒だというイメージが強かったからです。

講座があっても、必要なことが済めば話もせずさっと帰ってしまう方でした。

公園で世間話をするのも苦手でした。
そんな私にも偶然ママ友と知り合いになる機会がありました。

それは地域で開催されていた母親教室でグループワークをしたときです。

内容は覚えていませんが、何か与えられた課題について話し合うというものでした。

強制的に話をさせてもらったため、相手を知る機会を与えてもらったのです。

地域の講座ということもあり、知り合った人と近所だったためすぐに連絡先を交換しました。

皆快諾してくれましたよ。

話をする機会を作れなかっただけで、皆話せる友達が欲しいという気持ちは同じだったのです。その時できたママ友は今でも大切な友人の一人です。

人付き合いは、苦しい状況であればあるほど、共感することで強い信頼関係が築かれます。

ママ友も同じです。

引きこもることなく、あなたが人を求めていろんなところに出ていれば、きっと大切なママ友を作るチャンスは到来してくれるはずです!

だた、無理は禁物です。

皆どんなに楽しそうにしていても、二人以上の子供を持てばそれぞれの付き合いがなかなかできなかったり、家庭の事情だったり、仕事の事情だったり、どうしても付き合いについていけない時、気分が向かない時が必ずあります。

そんな時は自分だけと焦って考えず、しょうがないと諦めましょう。

皆同じ経験をしているはずですよ!

どうしても話を聞いてほしい時は、地域の福祉センターへ行きましょう。

保健師の方々がきっと話を聞いてくれるはずです。

後ろ向きになるときは、距離をおき、自分を大切にしてあげましょう。

これもまた、良い人間関係を築くコツです!

以下では、ママ友付き合いをする上で必要と思われることを具体的に挙げてみました。

 

ママ友作りにお勧めしたいこと

・家庭環境が似ている相手を選ぶ(家族構成、経済環境が似ている相手の方が、価値観が似ていて付き合いやすい。)
・まずは相手の気持ちを聞き、理解する姿勢を持ってから自分のことを話す(気持ちに余裕がなく、一方的になりがちだから)
・一人に頼りきらず、少しでも多くの人と関わるようにする
・誘いを断る勇気を持つ(無理をして頻繁に付き合うと負担になります)
・子供のためだと思ってある程度、行事ごとは参加する(自分も楽しむつもりで割り切る)
・回ってきた仕事は引き受ける(周りの苦労を知る上でも必要です!)
・必要に応じて共通の連絡ツールを利用する(LINEなどのSNSは、クラス行事や習い事の連絡において、連絡する側の手間を考えると、利用したほうが負担を軽減できることがあるので、そんな時は参加する。)

 

スポンサードリンク

ママ友において注意すること

・基本的に、人の悪口は言わない(言いたいときは、細心の注意を払って相手を選んで言いましょう。愚痴をこぼすことも大切です!)
・安易に自分のプライベートについて話さない
・噂はほどほどに(中には必要な情報もありますが、何か真実なのか分からなくなります。疑問に思うことは、自分の目で確かめましょう!)
・自分の意志をある程度伝えられる仲でいられる相手を選ぶ(聞くだけ、話すだけの一方的な関係は聞く側にストレスを与えるだけです。)
・相手に過度の期待を寄せたり、相手を独占しようとしない(他の友人と良い付き合いをしているだけで嫉妬したり、相手の交友関係をも壊しかねません。一線を引いて付き合うことも大切です。)
・子供の付き合いと自分の付き合いを離して考える
・過度なプレゼントのやり取りは控える(子供が喜ぶからと言って、お土産や誕生日のプレゼント交換などをしていると、成長とともに大変になるので、そういったやり取りも話し合える仲だといいですね!)

 

まとめ

ママ友というと、どうしても子供のことを考えて無理をしてしまうことがあります。

確かに、お母さん同士、仲が良い方が子供関係もうまくいきます。

しかし、付き合うのはあくまで母親です。

子供のための付き合いと割り切って、友達と捉える存在は自分で決めていきましょう。

ママ友とくくりをつけず、子供を介して出会った友人の一人であると考えましょう。

逆に、子供の周りの状況を知らないことは、子育てにおいて不安を与えます。

子供にとっては大きな問題でなくても、間接的に聞いた母親にとってはとても大きな問題と捉えてしまうことは多々あります。

場合によっては親同士のトラブルになることも。

それは子供に関する母親の情報が不足しているからです。

知らない間に、数々の行事を断ったり、活動に加わらなかったりして、今置かれている環境から疎遠になっていたりしませんか?

少し今の状況を見つめ直し、関わる機会を増やしてみましょう。

自然と子供の情報が入るだけで、お母さんは安心でき、それによって子供も自然と問題を解決していけるはずです。

共通の話題を得ることで、ママ同士の付き合いも良好になると思いますよ!

ただ、噂話を聞き回ったり、過干渉にならないよう注意しましょう。

できるかぎり子供の問題は子供の方法で解決させましょう。

ママは、子供が生まれて初めてママになるのです。

子供と同じく未熟なところから成長していくのですから、うまくいくことばかりではなく、時には人を傷つけてしまうこともあります。

仕方のないこともあるのです。次は気を付けよう、と心に刻んだら、前を向いて進みましょう!

失敗あっての成功ですから!

スポンサードリンク

-子育て
-

Copyright© まるころいんふぉ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.