子育て

ママ友付き合いはめんどくさい?普段から気を付けることとは?

投稿日:

子供が生まれるとママ友同士の関係も始まりますが、皆さんはママ友とどのようなお付き合いをしていますか?

子供を持つ親同士わかり合えることも多いですが、女同士の付き合いは時にトラブルに繋がることもあります。

今回は良好なママ友関係を保つためのポイントをご紹介していこうと思います。

 

スポンサードリンク

ママ友とのお付き合いには適度に参加しよう

ママ友同士のお付き合いは少し面倒だなと感じる方もいるでしょう。

趣味の習い事やランチ会、家族ぐるみのバーベキュー等、付き合おうと思ったらどこまでも付き合えます。

無理に付き合って踏み込みすぎて、ストレスを感じてしまうこともありますよね。

しかし、参加頻度が少ないと交流の場で浮いてしまったり、嫌な思いをする可能性も高まります。

また、大人の人間関係と子供の友達関係を混同する方もいるので、子供同士の関係に悪い影響を与えてしまうこともあります。

子供のためにも、ママ友とのお付き合いには適度に参加する事をおすすめします。

 

噂話はしない

ママ友同士でありもしない噂話が流れ、誰かが仲間外れにされる・・・なんて恐ろしい光景。

ドラマ等ではよく目にしますよね。

ママ友のネットワークでは情報の流れが早く、良いことも悪いことも広く知れ渡るのはあっという間です。

自分から悪口を言ったり、噂話をすることは控えましょう。

相手のプライベートのことを探り出して話題に出すことも危険です。

もし悪口や探り話を聞かされても、絶対に同調しないようにしましょう。

たった一つの言動が自分の立場を悪くしてしまうかもしれません。

噂話に振り回されることのないようにしましょう。

 

スポンサードリンク

プライベートな話には慎重に

ある程度付き合う頻度が高くなると、プライベートなことを聞かれたりすることもありますよね。

相手を疑いもせず、聞かれたことに素直に答える方もいるでしょう。

しかし、口が堅い人だと信頼していてもそれをネタにして面白がったり、他のママ友に話を広めてしまう人もいます。

特に夫の職業や経済的な話になると優劣を感じたり、妬みや嫉妬という感情によってトラブルが生まれる可能性もあります。

自分のプライベートな話が噂話のネタになってしまうかもしれない、ということを頭に入れ、よっぽど仲の良い関係でなければ深い話は避けましょう。

もちろん、自分から相手の過去を詮索したり、様々なことを根ほり葉ほり聞くことも控えましょう。

誰にでも話たくないことはありますし、あまりしつこく聞くと面倒な人というレッテルを貼られ関係が悪化してしまうので、注意が必要です。

 

常識的な行動を心がけよう

常識外れな行動や自慢げな態度は、悪い意味で目立ってしまいます。

誰に対しても常に同じ態度で明るく接しましょう。

中には苦手なママ友もいるかもしれませんが、会った時には笑顔で挨拶することが大切です。

またランチ会等の集まりの誘いが来た時には出席するかどうか曖昧にせず、はっきりと返事をしましょう。

また、お金が関わってくると話がややこしくなる可能性があるため、基本的には割り勘にしましょう。

招待されたりプレゼントをいただいたら、必ずお礼の言葉とお返しを送ることを忘れないようにしてください。

ママ友の世界は、嫉妬心や競争心等の黒い気持ちも溢れる世界です。

目立つ行動やファッションもママ友の輪の中では目立ってしまい、中にはいじめの対象にする人もいます。

悪目立ちする行動は避けましょう。

 

まとめ

いかがでしたか。

ママ友は必ずしもみんなが同じ価値観や同等なレベルで生活しているわけではありません。

気が合わなかったり苦手なタイプの人がいるのも仕方のないことです。

ですが、ママ友関係は子供同士の関係にも影響を及ぼす可能性があることを忘れてはなりません。

あまり神経質にならない程度に誰に対しても平等な態度で接し、程よい距離感を保つことを心がけましょう。

スポンサードリンク

-子育て
-

Copyright© まるころいんふぉ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.