子育て

子どもに作ってあげたい 手作りおやつ おすすめレシピ6選

更新日:

子どもが大好きなおやつの時間。

市販のおやつは手軽でおいしいものがたくさんありますが、添加物やアレルギーが心配だったりもしますよね。

そんなときは、簡単に作れて安心して子どもに食べてもらえるおやつを手作りしてみましょう。

とはいえ、小さな子どもがいる中でのおやつ作りはなかなか大変なもの。

今回は、あまり時間をかけずに作れるレシピ記事を中心にまとめてみました。

スポンサードリンク

市販のおやつにはどんな影響がある?

レシピをご紹介する前に、少しだけお話したいのが市販のおやつについて。

全く摂取しないというのは無理かもしれませんが、こんな悪影響が及ぶ可能性を秘めています。

◎肥満:市販のおやつは高カロリーのものがほとんどです。

◎味覚障害になる:強い味のものばかりを口にすると、味覚が鈍感になります。

◎イライラしがちになる:攻撃的な気持ちをつくるアドレナリンを分泌させます。

上記はほんの一例ですが、市販のおやつを与えるのがなんだか怖くなってしまいますね。
では、手作りおやつレシピを見ていきましょう。

おすすめ手作りおやつレシピ

①牛乳も卵もなし!混ぜて焼くだけ「きなこのほろほろクッキー」
出典:https://moneyforward.com/media/life/45449/

管理栄養士の片山けいこさんが考案した、アレルギー対応のクッキーです。

きなこの原料である大豆は、「畑の肉」とも呼ばれるスーパー食品。

栄養価が高く、小さな子どもや妊婦さんにもおすすめとな食材です。

生地をママが準備してあげれば、丸める作業はお子さんと一緒に行うことができますね。

粘土遊びのような感覚で、楽しみながらお手伝いしてくれるはずです☆

 

②こどもと作れる簡単ココアクッキー
出典:https://oceans-nadia.com/user/25039/recipe/146306

キッズ食育トレーナーとしても活躍する、増田陽子さん考案のレシピ。

卵とバターを使っていません。

トッピングにチョコを飾ってみたり、型抜きでいろいろな形を作ってあげるなどのアレンジをしてもいいかもしれませんね!

 

③卵たっぷり、砂糖ひかえめ。材料3つの子どもプリン
出典:https://comodo.life/eat/article-49.html

菓子・料理家として活躍する、渡部和泉さん考案のプリンレシピです。

子どもって、ゼリーやプリンなどの触感が大好きですよね。

市販のものは砂糖たっぷりで高カロリーだったりと何かと心配ですが、手作りなら安心。

カラメルの量や苦味を調節できるのも、嬉しいポイントですね。

 

④フライパンひとつで簡単!揚げない大学芋
出典:https://allabout.co.jp/gm/gc/187455/

大学芋というと揚げているものが思い浮かびますが、揚げなくても作れてしまうんです!

フライパンひとつで作れるので洗い物も少なく、少しの油しか使わないのでヘルシーですね。

サツマイモの美味しい時期には、ぜひ作ってあげたい一品です。

 

⑤牛蒡チップス
出典:https://recipe.shidax.co.jp/recipe/outline/13

おやつは甘いものばかりではありません。

たまには、塩っけのあるものもいかがですか?

ゴボウが旬の時期には、チップスにしておやつに食べるのがおすすめです。

野菜嫌いの子どもも、ゴボウとは気づかずにバクバク食べてくれるかもしれませんね。

揚げたてのサクサク食感と香りを楽しめるのも、手作りならではの特権です。

 

 

⑥りんごとレーズンの蒸しパン
出典:http://shoku.hapiku.com/recipe_idea/baby/0284/

栄養管理士の淡佐口 麻衣さん考案のレシピ。

蒸しパンは口当たりがやさしく、幼児食としてもおすすめです。

すりおろしにんじんやかぼちゃ、小松菜などの野菜を使ったアレンジもできます。

野菜嫌いの子どもの栄養バランスを整えることができますし、おやつで克服できてしまうかもしれませんね!

 

スポンサードリンク

まとめ

今回は、子どもに作ってあげたい手作りおやつレシピ記事をまとめてみました。

成長期の子供にとって、食事はとても大切なものです。

出来る範囲で、安心して食べられる手作りおやつに挑戦してみてくださいね。

スポンサードリンク

-子育て
-

Copyright© まるころいんふぉ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.