妊娠

妊娠中に旦那にイライラする理由は?またその対処法とは?

更新日:

妊娠中は些細なことでも気に障り、イライラすることが増えますよね。

特に一番身近にいる旦那さんの言動や行動にイライラしてしまう・・・という方は多いのではないでしょうか。

今回は妊娠中に旦那さんにイライラすることとその対処法についてご紹介したいと思います。

 

スポンサードリンク

なぜ旦那さんに対してイライラしてしまうの?

女性は妊娠すると、体にも心にも様々な変化が現れます。

子どもを迎える準備をしていく中で、旦那さんに対して一番の理解者であってほしいと思っていても、体に変化のない男性は妊娠による様々な変化を実感することが難しく、はじめは夫婦で温度差を感じることがあります。

実際に妊娠はしていなくても、「親」になるという意味で夫婦の立場は同じなのですが、状況から察することが苦手な男性は多く、これくらい言わなくてもわかるだろうということにも気付けない場合がほとんどです。

その結果、妻がかけて欲しい言葉や気にして欲しいポイントと全くズレている、なんてことも珍しくありません。

また、旦那さんが家計を支えるために日々仕事を頑張ってくれていることを理解しながらも、体調や環境が目まぐるしく変化して負担を感じている自分と比べると、旦那はいつもと変わらず自由な生活を送っているように見えてしまい、苛立ってしまうことが多くあります。

 

家事や育児を手伝ってくれない

妊娠による体の変化により、日常生活の中でも大変なことは日々増えていきます。

しかし男性には体の変化がないため、妻の大変さに気付かず家事や育児も手伝ってくれない・・・とイライラが募っていきます。

例えば、お腹が重くてしゃがめないのにお風呂掃除や布団の片づけ等、かがむ姿勢を取る家事を手伝ってくれない。

食事の後片付けや洗い物くらいしてほしい。

上の子の面倒も妻に任せっきり・・・。

仕事で疲れているのはわかっていても、少しくらい家のことも手伝ってほしいというのが妻の本音です。

 

スポンサードリンク

いつでも自分本位な考え方

妊娠すると、我慢しなければならないことや制限されることも増えていきます。

お酒が飲めない、つわりで食事を楽しめない、お腹が重くて歩くのがゆっくりになってしまう・・・挙げたらキリがありません。

それでも生まれてくる赤ちゃんのためにと、頑張って乗り越えようとしているのに、旦那さんは飲み会ばかりだったり、妻の体調が悪くても遊びに出かけたり、一緒に外出しても1人でスタスタ歩いていったり・・・。

いつも自分本位で、何で自分だけが我慢しなければならないのだろう?

何で一緒に乗り越えてくれないのだろう?とイライラが大きくなってしまいます。

 

夫婦で妊娠、出産についての知識を深めよう

実際に妊娠をして、妊婦健診で赤ちゃんの様子を確認したり医師と話をしている妻と違い、旦那さんには妊娠、出産の知識がほとんどありません。

自分から学ぼうと思っても、何から知ればいいのかすらわからないものです。

まずは自分が読んでいる本を渡したり、妊婦健診についてきてもらいましょう。

また、自治体や産婦人科では、母親父親学級や妊婦体験等、夫婦で参加できるイベントを行っています。

そういったイベントに参加して話を聞くことで、旦那さんも少しずつ「パパになる」という実感が沸いてくるでしょう。

特に妊婦体験ができるイベントでは、お腹が大きいとどんなことが大変なのかを実感してもらうことができるので、妻の大変さ、苦しさを実感し、家事を手伝ってくれるようになったという声も多く聞きます。

イベントで他のご夫婦と交流することで、旦那さん同士父親になることへの不安や思いを相談し合うこともできるので、より子どもを迎える責任感が生まれるでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか。

妊娠中はホルモンバランスの乱れからもイライラすることが多くなるのは仕方のないことです。

一番身近な存在である旦那さんに対しては色々な不満も出てきますが、夫婦で妊娠や出産に対する知識を深める努力をし、喜びも苦しみも夫婦で分かち合い支え合って乗り越えていくことが大切です。

スポンサードリンク

-妊娠

Copyright© まるころいんふぉ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.