子育て

乾燥肌の子ども対策!かゆみや湿疹を防ぐお風呂上がりケアとは?

更新日:

お風呂上がりの肌の乾燥、気になりませんか?

スキンケアを怠ると、翌日のお化粧ノリが最悪!なんてことになりかねないので、寝る前のスキンケアは欠かせません。

大人としては当然の習慣ですが、皆さんのご家庭ではお子さんの乾燥肌対策、していますか?

私はたまたま子どもとお風呂に入った時、胸のあたりと二の腕のあたりに掻いたような跡がついているのを見つけ、慌ててしまったことがあります。

どうしたのか聞いたら、「結構前から痒かった」とのこと。

皆さんのお子さんの肌は、大丈夫ですか?

子どもの乾燥肌にはどのようなケアが必要なのでしょうか?

 

スポンサードリンク

子どもの肌はとても繊細

私自身、子どもの頃からアトピーを持っていたので、母はとにかく入念にケアをしてくれていたのを覚えています。

私の子どもは今のところアトピーの症状は出てきていませんが、すごく乾燥肌で乾燥する冬に限らず年中お腹や腕を掻きむしって、痛々しいお肌になっています。

人間の肌には、一番上層に“角質層”と呼ばれる薄い層が存在します。

角質層は、外部の刺激から肌を守り、水分を逃がさないよう保湿するための役割を果たしています。

この角質層が子ども(特に幼児)には、大人の3分の1程度の厚みしかありません。

更に、生後約3か月までの乳児期を除く思春期までの間は、皮脂の分泌が大人よりずっと少ないのです。

そして、空気が乾燥してくると角質層も乾燥し、お肌を守る機能が低下します。

すると、痒みなどの症状が引き起こされてしまうわけですね。

皮脂が少なく守るための角質層も薄いとなれば、大人よりも肌が繊細であることは明らかです。

 

正しい方法で、とにかく清潔に

・刺激の少ない洗浄料を使う

乾燥肌対策の基本中の基本は、とにかくお肌を清潔に保つことだと言われています。

ただしこれは、単に身体を洗えばいいということではありません。

特に乾燥肌のお子さんの場合、大人と同じ洗浄料を使用すると、刺激が強すぎる場合があります。

弱酸性や無添加、様々な種類の洗浄料がありますが、いずれにしても低刺激のものを選んであげるようにしましょう。

子ども用のボディーソープもありますので、そちらを試してみるのも良いでしょう。

我が家では、子ども用のボディーソープよりも無添加の石鹸が合っているようなので最近はそちらを使うようにしています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

カウブランド 無添加 せっけん 100g×3個入【イチオシ】
価格:349円(税込、送料別) (2018/3/1時点)

 

・必ず泡立てる&なでて洗う

洗浄料を肌につける前に、必ず泡立てましょう。

直接肌の上で広げてしまうと、そのことによってお肌が傷ついてしまいます。

バスリリー等を使えば泡立ちが良いですが、乾燥肌がひどい場合は大人の手で洗ってあげましょう。

いずれにしても、肌をゴシゴシこするのではなく、なでるようにして洗うことが大事です。

洗い残しのないように、丁寧に洗いましょう。

スポンサードリンク

適正な入浴温度と時間

皆さんのご家庭では、入浴の習慣がありますか?

毎日必ず湯船に浸かる、というご家庭は多いと思います。

一見お肌によさそうな入浴ですが、返って乾燥肌を悪化させてしまう場合があります。

・入浴温度

熱いお湯が好きだ、という方もいると思いますが、お肌に優しい適温は40℃まで。

湯温が高温だと、皮脂が必要以上に失われてしまい、角質にもダメージを与えます。

お父さんお母さんの好みで湯温が高めに設定されていないか、今一度確認しましょう。

・入浴時間

湯温が適温の場合で、適切な入浴時間は15分~20分です。

長すぎる入浴も、角質層に水分が入ってしまい、機能の低下を招きます。

つい遊びやお話に夢中になって、入浴時間が長くなってしまうこともありますが、あまり長風呂になりすぎないよう気を付けてあげましょう。

 

最後にきちんと保湿を!

お風呂でお肌をキレイにした後は、必ず保湿してあげましょう。

顔だけでなく、身体全体を保湿する必要があります。

皮膚科に通院しているお子さんの場合は医師から処方されているものを使うと思いますが、そうでなければ市販で低刺激のものを。

子ども用の保湿剤は、軟膏、ローション、ジェル、クリームなど種類豊富ですので、お子さんにあったものを選びましょう。

夏場はさっぱりしたローションタイプ、冬場は軟膏タイプなど、季節によって使い分けをすると更に良いですね。

ちなみに私はキュレルのクリームを愛用しています。

保湿力もあり、伸びがいいので塗りやすく私も一緒に使っています。

これを使うようになってから、冬にひどくなる私のアトピーも緩和されたように思います!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キュレル クリーム ジャー 90g
価格:1079円(税込、送料別) (2018/3/1時点)

夏になったらローションタイプも試してみたいですね(^^)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

キュレル ローション ポンプ 410ml
価格:1750円(税込、送料別) (2018/3/1時点)

 

 

 

まとめ

いかがでしょうか?

子どもの肌は、大人が思っているよりずっと繊細です。

子どもはなかなか自分から言いませんから、大人が気を付けてあげる必要があります。

身体を掻いていたり、粉を吹いていたりしたら、それは乾燥肌のサインです!

放置してひどくなると、身体中掻きむしって夜中寝付けないという事態に繋がりかねません。

そんな肌トラブルを避けるためにも、日ごろのケアは大切です。

今一度ご家庭で、お子さんのお肌をチェックしてみてくださいね。

スポンサードリンク

-子育て
-,

Copyright© まるころいんふぉ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.