子育て

子どもの食べ物の好き嫌いを直すためには?覚えておきたいコツ

更新日:

多くの育児中ママの悩みでもある、子どもの食べ物の「好き嫌い」。

健康面でも栄養バランスが気になるところですし、小学校に入ると給食も始まることもあり、好き嫌いはなるべく小さいうちになくしてあげたいと考えるものですよね。

ですが、子どもが嫌いだというものを無理やり食べさせるのは難しいこと。

そんなときは、どんなアプローチ方法がいいのでしょうか。

今回は、子どもの好き嫌いの原因と、克服するためのちょっとしたコツをご紹介します。

スポンサードリンク

好き嫌いはなぜ起こる?

好き嫌いを克服のために、まずはその原因についてまとめてみました。

子どもの食べ物の好き嫌いには、大きく3つの原因があると言われています。

一つは、「危険を感知する本能から」くるもの。

私たちの体は、本能的に苦味や酸味といった味覚に敏感にできています。

それは、「苦味=毒」、「酸味=腐敗」という可能性があるからです。

大人以上に感覚が敏感な子どもたちは、この危険に対する不安感が強く、食べるのを嫌がることがあります。

 

二つ目は、「初めて見るものへの不信感」からくるもの。

大人であっても、例えば海外旅行先などでこれまで見たことのないものを食べろと言われると、警戒心を抱くことがあると思います。

それでも、大人はこれまでの経験から「食べ物である以上は大丈夫なはず」と思うことができます。

一方、食べることの経験がまだ少ない子どもには、初めて見るものへの不安を取り除くことができません。

そうした意味で、なかなか最初の一口に挑戦できないことがあります。

 

最後は、「過去のトラウマ体験」からくるものです。

以前食べたときに、なかなか噛み切れずにえずいてしまった、食べたあとおなかが痛くなったなどの嫌な思い出が、記憶に残っていることが考えられます。

味が嫌いなわけではない限り、こうしたトラウマは時間をかけて取り除いていくことができますが、この場合は特に無理強いは厳禁です。

 

好き嫌い克服のためのコツ

では好き嫌いの原因がわかったところで、克服のためのコツを3つご紹介します。

焦らずゆっくりと、少しずつ取り入れてみてくださいね。

 

「食べること=楽しいこと」と覚えさせてあげる

食べることが大好きな子どももいますが、まだ味覚があまり発達していない子どもにとって、食事はあくまで食欲を満たすためにすぎないこともあります。

そんな場合まずは、目で見て楽しい食事を用意してみましょう。

チーズを星形にくり抜いてみたり、食事の盛り付けを顔の形にしてみたり…といった少しの見た目の変化であっても、子どものテンションはぐんと高まります。

また食べ物ばかりではなく、食事中の雰囲気も大切です。

家族そろって笑顔で「おいしいね」と言いながら食卓を囲むことで、子どもに安心感を与えることができます。

外食などいつもと少し違う雰囲気のときに、苦手だったものに挑戦するのもいいきっかけになります。

食べれたらたくさん褒めてあげ、自信と達成感を味あわせてあげてくださいね。

 

好きなものを食べるために、嫌いなものを1つ

嫌いなものを克服するために、好きな食べ物を利用してみましょう。

たとえば、「もう1個食べたい!」といったものがあったときに、「じゃあ〇〇を一口食べたらね」という条件を出してみましょう。

好きなものをご褒美にしてあげることで、箸が進むことがあります。

嫌いな食べ物への抵抗感を、少しずつ減らしていってあげましょう。

 

一緒に料理をする

毎日は無理でも、時間に余裕があるときには子どもと一緒にご飯を用意してみるのもおすすめです。

自分で作った料理は、なんだか特別おいしく感じるもの。

苦手だったものにも挑戦してみたくなるかもしれません。

またお野菜が苦手な子どもには、家庭菜園で苦手な野菜を育ててみるのも効果的です。

時間をかけて育てることで愛着がわき、収穫後は食べてみたいという気持ちが強くなるはずです。

 

スポンサードリンク

まとめ

好き嫌いなく何でも食べてくれるのが一番ですが、子どもにはまずは食べる楽しみを知ってもらうことが一番です。

また、小さい頃は嫌いなものが多くても大人になるにつれ味覚も変化しますし、幼稚園や小学校に入ってからお友達との給食の時間で食べられるものが増えるかもしれません(^^)

嫌いなものを食べないからと、無理矢理口に押し込んだり、食べるまで叱り続けるなんてことは絶対にやめましょう。

それがトラウマになって余計に食べなくなるし、親との関係も悪くなってしまいますよ!

好き嫌いが多いからとあまり焦りすぎず、まずはここに書いてある方法を試してみてください(^^)/

スポンサードリンク

-子育て
-, ,

Copyright© まるころいんふぉ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.