家事

結露に悩まされる冬 悪影響と対策方法とは

投稿日:

冬になると出てくる日々の暮らしの悩みと聞かれて「結露」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

気温が下がるにつれて窓に水が溜まり、気付くとカーテンが濡れていたりサッシのレールもびしょびしょになっていたりします。

結露をそのままにしてしまっているという家庭も多いかもしれませんが、実は結露は放っておくととても危険なものなのです。

今回は結露が及ぼす身体や家への影響と共に、結露を防ぐ方法をご紹介していきます。

 

スポンサードリンク

そもそも結露はなぜ発生するの?

「暑い夏の季節に冷たい飲み物を入れたコップの周りに水滴がたくさんついている」という状態を例にします。

これは、夏の暖かい空気が冷たいコップに触れて冷やされ、水蒸気が水になってコップの表面に現れていることを意味し、結露はこのコップの汗と同じ原理で発生します。

暖房で温かくなった部屋の空気が急激に冷やされ、空気中の水分が水になって表れるのが結露なのです。

部屋の温度と外の温度との差が大きくなることが原因なので、その温度差がなければ結露しないということが言えます。

 

結露を放っておくことで及ぼす身体や家への影響

結露を放っておくと発生するのが、カビです。

カビの繁殖条件として挙げられるのは、温度・湿度・エサ。

暖房によって温められた部屋の空気と、キッチンや浴室、暖房器具等から発生する湿気によって、カビの発生しやすい温度と湿度になってしまいます。

そして、「エサ」となる条件をクリアさせてしまうのが結露です。

空中のゴミやほこりを結露がキャッチし、絶好のエサ場になってしまうのです。

結露によって「温度・湿度・エサ」の3つの条件が揃い、カビの繁殖はすごい勢いで進んでいきます。

カビは繁殖する際に目には見えない胞子を飛ばし、ぜんそくやアトピーなどの健康被害を引き起こします。

さらに「カビ肺炎」と呼ばれる、高齢者や幼児が発症すると、最悪の場合死に至ることもあるほどの恐ろしい病気を発症させてしまうこともあるのです。

また、結露した水分を壁紙が吸い込むことで壁紙がはがれ壁の中や床まで水が入り込むと、壁の内部の断熱材や木材、床下を腐らせます。

こうなると家はボロボロの状態。室内はカビ臭く様々な菌や虫が住みやすい環境になり、家の寿命も短くなっていきます。

家の基盤となるものが弱っていくので、地震にも弱くなってしまいます。

 

スポンサードリンク

まずはこまめな喚起を心がける

室内の水蒸気が少なければ、結露は発生しません。

しかし、洗濯・料理・暖房等、日常生活では水蒸気が発生する状況が沢山あります。

こまめに換気をし、室内の水蒸気をできるだけ外に逃がすよう心がけましょう。

窓だけでなくクローゼット等の収納場所も、こまめな換気が必要です。

収納場所を締め切ったままにしていると、内部の温度が下がり部屋と収納内部との温度差ができてしまい結露の原因となります。

その結果、カビやダニの発生に繋がっていくので、収納場所もこまめに喚起しましょう。

 

部屋の温度を上げすぎない

寒いと暖房をつけて部屋を暖かくしようとしてしまいますが、そこは少し我慢しましょう。

室温が下がれば空気中に存在できる水蒸気の量が減るので、空気が冷やされても結露しにくくなります。

また、同じ室内の中でも温度にムラがあると、意外なところが結露してしまうので注意しましょう。

 

家にあるものでできる対策

結露対策に役立つものとしてオススメするのが、割れ物等の包装に使われるぷちぷちシート。

実は断熱効果抜群な優れもので、窓に貼るだけで結露対策ができてしまいます。

窓を冷やさないようにすることで部屋も暖かくなるので暖房で室内を暖めすぎることも防げます。

また、どの家庭にもある食器用洗剤も結露防止に役立ちます。

食器用洗剤には「界面活性剤」という成分が含まれており、水分を弾く性質があります。この性質を生かすことで水を弾かせ結露を防ぐことができるのです。

結露対策液は水100m~200mに対し、大さじ1杯の食器用洗剤を入れるだけで簡単に作れます。

この液を染み込ませた布で窓を拭き、最後に窓についた細かい泡を乾いた布で拭き取れば終わりです。

効果は1週間程度と長続きはしないので、週に1~2回程度この液で窓を拭くことをオススメします。

 

まとめ

いかがでしたか。

放っておくと色々な悪影響を及ぼす結露は、的確に防いでいくことが重要となります。

ほんの少しの手間や心がけで結露は防ぐことができるので、ぜひご家庭で実践してみてください。

 

スポンサードリンク

-家事
-

Copyright© まるころいんふぉ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.