行事ごと

子どもの日にピッタリ!子どもが喜ぶお手軽簡単レシピ♪

投稿日:

5月5日は子どもの日!

端午の節句に男の子の成長を願う、ということで制定された祝日で、ゴールデンウィークでもありますね。

元来は男児のためのお祝い行事でしたが、現在では性別に関わらず子どもの成長を祝う日として広く認識されています。

昔は鯉のぼりを飾るお宅をよく見かけましたが、皆さんのお宅ではどうでしょうか?

最近では減ってきたように思います。

スーパーに行けば子どもの日にちなんだお惣菜も簡単に手に入りますが、せっかくの子どもの日!

お子さんが喜ぶような手作り料理で、食卓を彩りませんか?

難しいことはできないけれど、このくらいなら、というお手軽&簡単レシピをご紹介します。

スポンサードリンク

30分レシピ★レンジで簡単♬柏餅♬

上新粉 200g
浮き粉(なければ片栗粉) 大さじ2
砂糖 大さじ2
水 260g
柏の葉 8枚
こしあん 160g

出典:cookpad.com

子どもの日の外せない大定番!柏餅を作ってみるのはどうでしょう?

関東では“柏餅”ですが、関西では“ちまき”の文化があるようですね。

子どもの頃、夕飯のおかずに並んで、甘~いお餅が出てくることが、とても嬉しかったです。

一見作るのが大変そうですが、実は蒸し器要らず、電子レンジで作れちゃうんです!

材料も意外とシンプルで、どこでも手に入るものばかり。

柏餅よりも、“ちまき”の方が馴染みのある方は、少し形を変えて、笹の葉か、茅の葉で棒状に包んであげれば同じようにできますよ♪

 

簡単♪こいのぼり寿司(子どもの日)

●材料(6人分)
ご飯 3合
ちらし寿司の素(手作りでも) 3合分
とびっ子 2パック/たまご 2個
ゆでたまご 1個
海苔 丸く切ったもの2枚
アスパラガス 1本 /いんげん 2本
きゅうり 2本/サーモン なくてもOK
人参 長め1本
がり 無ければミニトマト1個

出典:cookpad.com

子どもが大喜び間違いなし!こいのぼり寿司をメインにしては、いかがでしょうか?

こいのぼりの型は牛乳パック、市販のちらし寿司の素を使いますので超お手軽です。

材料は、ご家庭の好みに合わせて自由自在にアレンジ可能ですし、うろこはきゅうりを斜め切りして、ガリと重ね合わせるだけなので楽々です。

お子さんと一緒に飾り付けするのも楽しいでしょうね。

食べ応えもありますし、ケーキみたいに取り分けて、家族みんなで楽しく食べられます♪

こんなに見栄えがするのに、型に材料をつめて、飾り付けをするだけ!

とっても簡単にできてしまうのが嬉しい一品です。

 

スポンサードリンク

子どもの日のチーズ揚げ♪

●材料(5個)

春巻きの皮10cm×10cm 5枚
ジャガイモ 150g
牛乳 50cc
バター 10g
チーズ 適量
◎小麦粉(糊用) 適量
◎水(糊用) 適量

出典:cookpad.com

鯉のぼりと並んで子どもの日の象徴といえば、兜!兜のチーズ揚げです。

こちらも見栄えバッチリ、お手軽でお子さんと作れる簡単レシピです。

春巻きと言えば餡を作るのが案外面倒ですが、材料はマッシュポテトとバター、チーズのみ!

少量作る場合は、電子レンジを使ってマッシュポテトにすればもっと簡単ですね。

兜にする工程も、折り紙と一緒の折り方でOK!

うちの子は、兜の折り方を小学校で習ってきたようで、「これ、知ってる!」と楽しそうに手伝ってくれましたよ。

春巻きの皮はミニサイズを使うので、お子さんでも食べやすく、またパパのおつまみにもなって一石二鳥です♪

 

まとめ

子どもの日は、わが子が健やかに育つよう願う大切な行事です。

ご家庭でこいのぼりを飾ることがなくても、お料理として表現してみてはいかがでしょうか?

あまり手をかけなくても意外と簡単にできてしまうので、お忙しいご家庭にもオススメです。

心を込めて作ったお料理は、きっとお子さんの心にも良き思い出として記憶されることでしょう。

ぜひお手軽&簡単レシピで、子どもの日を楽しんでくださいね!

スポンサードリンク

-行事ごと
-,

Copyright© まるころいんふぉ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.