家事

お風呂の効果的な入り方で心と体を元気に!

更新日:

家事や育児、仕事をこなし日々忙しく過ごしているとゆっくり休む時間が取れず、体も心も疲れた状態になってしまいますよね。

疲れを取りたい、ゆっくりしたいと思った時に「お風呂」を思い浮かべる方は多いのではないでしょうか。

特に寒さが厳しいこの時期は、湯船に浸かることで芯から冷えた体もぽかぽか温かくなります。

お風呂は体を温める、1日の汚れを洗い流すということだけではなく、健康維持や美容効果もあるため、毎日入りたいものです。

しかし入り方を間違えてしまうとその効果も減少してしまいます。

そこで今回は、体や心を元気にしてくれるお風呂の効果的な入り方についてご紹介していきます。

スポンサードリンク

最適なお風呂の温度と入浴時間とは?

一般的に人間の肌にとって最適な温度は38℃〜40℃と言われています。

これは人間の体温+3〜4℃程度が疲れをとる効率がいい温度とされているためです。

またリラックス効果を得るためには長湯はせず、ゆっくり10分ほど浸かるのがいいとされています。

しかし、お風呂の温度や入浴時間によって入浴効果が異なるのも事実です。

お湯の温度が1℃違う、入浴する時間が1分違うといったほんの小さな差も、入浴効果の大きな差となります。

体調や目的に応じた正しいお風呂の入り方をすることが大切なのです。

 

温熱効果で健康な体に!

お風呂に入ることの最大の効果としてあげられるのが「血行促進」です。

温熱効果によって体を温め、血行がよくなることで新陳代謝が活発になり、体内の老廃物が排出されるのを促すことができるのです。

またお風呂で体が温まると自律神経のバランスを整えることができ、疲れが取れると言われています。

これらの観点から疲労回復に効果的な入浴法は40℃のお湯に15分浸かることです。

体に負担がかからない温度のお湯にゆっくり浸かることで心身のバランスを整えることができます。

スポンサードリンク

入浴時間を美肌時間に!

美容効果を上げる為に!との思いから長湯をしている女性は多いのではないでしょうか。

実は私もその1人でした。

しかし、長時間の入浴は肌に付いている皮脂が必要以上にはがれ乾燥肌を悪化させてしまうのです。

美肌にとって効果的な入浴法は週2日ほど、いつもより少し高めの42℃程度に設定したお湯に、10分ほど浸かることです。

熱めのお湯に浸かることで皮脂の取れすぎを防ぎ、美肌の元となるたんぱく質が活性化します。

美肌の為には長湯はよくないものですが、適切な入浴時間内でも美肌作りに効果的なケアを取り入れることができます。

毛穴掃除に効果的なジェルでマッサージ後、顔にジェルを塗ったまま湯船に浸かりながらしばらく放置しその後洗い流すといったながら美容は、なかなか美容ケアの時間がとれない方でも入浴と同時にケアできるので時間を無駄なく使えます。

入浴中はお風呂の蒸気によって毛穴が広がります。

ゆっくりマッサージしながら毛穴に詰まった汚れを浮き出させることでその汚れをパックが吸着してくれるので、パックを洗い流すと同時に毛穴汚れも落ちるということになります。

この方法なら10分程の入浴時間の中でも簡単にできてしまうので、時間を有効活用しつつ美肌に近づくことができます。

お風呂から出たら化粧水や乳液等を使い肌を保湿しましょう。

時間が空くと肌を乾燥させてしまいますので、お風呂を出てすぐに保湿することが大切です。

 

まとめ

いかがでしたか。

お風呂は目的ごとに適切な時間で入ることで、様々な効果が得られます。

忙しい毎日の中で、お風呂の時間だけでも自分の心と体をいたわってあげませんか。

ちょっとした知識を覚えて実践することで、お風呂の時間は至福の時間となります。

体調や目的に合った入浴法で、毎日のお風呂の時間を楽しみましょう。

スポンサードリンク

-家事

Copyright© まるころいんふぉ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.