芸能

林先生が太鼓判!中山秀征の妻 白城あやかの子育てに共感!

投稿日:

3/8 19時~放送の「グサッとアカデミア 林修VS美女20人!」という番組で、中山秀征さんと、妻の白城あやかさんの子育てについて放送されました。


私はその子育てにすごく共感して、こんな母親になりたいなぁと思ったので、今回は白城あやかさんの子育てについて語ろうと思います。

 

スポンサードリンク

白城あやかさんとは?

名前:白城あやか(しらきあやか)
本名:中山光希(なかやまみき)
生年月日:1967年9月27日(48歳)
身長:164cm
血液型:O型
出身:東京都足立区
趣味:観劇、コスメ

元宝塚歌劇団の星組トップ娘役として活躍されていました。

宝塚歌劇団退団後の1998年に中山秀征さんと結婚し、4人の男の子に恵まれています。

男の子4人とはまたすごいですよね。

中山秀征さんも人気MCとして忙しい方ですから、白城さんはとっても大変だったでしょうね(>_<)

 

林先生も太鼓判の子育てとは

朝は5時半に起床し、3人のお子さんのお弁当を作り、朝ご飯を作り、7時過ぎに小学生2人を見送り、その後中学生のお子さんを見送ります。

白城さんが朝ご飯を食べられるのは起きてから3時間後。

朝から過酷すぎ。。

バタバタと準備をしてる中学生の次男に中山さんが「大丈夫?(間に合う?)」と声をかけます。

それをすかさず白城さんが「なんでそういうこと言うの?」と突っ込みます。

中山さんはお子さんが遅刻しそうになるとすぐ車で送ってあげるそうで、白城さんはそれが不満そうな感じでした(^^;)

林先生が言うには、

「母親の方が、父親より高いところで子どもを見てる」

ということでした。

なるほどです。

そういえばうちもそうです。

これが逆でもバランスは取れるのでいいそうです。

私も子どもの頃、遅刻しそうになると母親はもちろん送ってくれるなんてことはなく、「遅刻して、自分で理由を先生に話しなさい。」と突き放すタイプの母でした。

習い事を始めても、もう辞めたい。と言うと、「辞めたいなら自分で話しなさい。お母さんは何もしないからね。」という感じで、自分の責任でしたことは自分でけじめをつける!という方針でした。

 

スポンサードリンク

白城あやかさんの素晴らしいと思えるところ

私がもう一つ、素晴らしいと思ったのが、子ども達が巣立った後、1人で海外に住む!と言っていたこと。

「今まで子ども達に尽くしてきたからもういい!ほんとにもういい!」とおっしゃっていましたw

男児4人の子育ては想像を絶する大変さでしょうね。

しかも全員野球をやっているということは休日なんてないでしょう。

子育てに後悔なく、100%で尽くしてきたので、子ども達が巣立てば自分のために人生を謳歌する!

すてきですよね。

普通のことかもしれませんが、できない人が多い気がします。

今まで子育てに費やしてきた時間をなにに使えばいいか分からなくなる人が多いんですね。

しかも白城さんは、中山さんに「あなたはついてこなくていいから。あなたまで巻き込むつもりない。」と言っていました。

一見冷たいようにも聞こえますが、心も経済的にも自立している証拠ですよね。

私の母も4人の子育てを終えて、みんなが成人した頃、家を出て今は自分の人生を謳歌しています。

 

まとめ

白城さんは宝塚出身ということなので、規律やルールには厳しい環境でした。

そのため子育てにも結構厳しいみたいですね。

でも子どもの自立心を育てるためにはとてもいい子育てなのではないかと私は思いました。

林先生も太鼓判!の白城あやかさんの子育て、皆さんも取り入れてみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク

-芸能
-, , ,

Copyright© まるころいんふぉ , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.